ナビゲーションをスキップする
All Places > 日本 > コミュニティ情報 > ブログ

fm_workshop.jpg

 

FileMaker ワークショップが、FBAメンバーにより随時開催されます。このワークショップでは、ファシリテーターの進行のもと、ひとつのテーマについて他の参加者と意見交換をしながら、日頃抱いている疑問を解消したり、FileMaker プラットフォームを使った カスタム App の作成に役立つ知識を深めたり、実際に応用できるスキルやベストプラクティスを学んでいただけます。ワークショップは、事前登録制(無料)です。開催の日時、場所、内容は、ファイルメーカー社公式サイトのイベント ページFileMaker ニュースレターやイベントメールにてご案内されます。

 

ファシリテーター:

株式会社ジェネコム株式会社ジュッポーワークス株式会社バルーンヘルプ株式会社DBPowersコーメーカー株式会社株式会社寿商会株式会社イエスウィキャン株式会社トーチ株式会社未来Switchトップオフィスシステム株式会社有限会社バンザイクリエイティブ株式会社ワークスペースアイディービー・ジャパン合同会社株式会社サポータス

"ニュース" が 新しい "ホーム"です。

あなたの体験をより素晴らしいものにするため、静的なホームページをやめ常に最新のニュースが表示されるホームページにしました。ヘッダーのFileMaker Communityロゴをクリックすればニュース(英語) スペースに移動できます。以前のホームページにあったすべてのリンクは、右側の”コミュニティを探索”セクションにあります。ニュース ストリームやご自身で設定したストリームがある場合は、デフォルト表示としてストリームを選択すれば、そのストリームに直接移動できます。

old_home_J.pngnew_home_J.png

 

日本専用の"ニュース"

ナビゲーションバー内の”ニュース”から、日本専用の"ニュース"スペースに移動できます。ここで、日本のユーザ向けの最新ニュースや日本の FileMaker ナレッジベースの更新情報をご覧いただけす。

new_news_J.png

新しいコンテンツのフォーマット

シンプルでモバイルフレンドリーなユーザ体験を提供するため、すべてのコンテンツはレスポンシブ デザイン フォーマットになりました。[アクション]メニュー、[編集]、[共有]のリンクはメインナビゲーションの真下のメニューに配置されました。[いいね]と[コメント]ボタンは、タイルの真下にあります。それぞれのコンテンツタイプがどのように見えるかの例を、以下でご覧ください。

new_resposive.PNG

ディスカッションと質問

質問はディスカッションとは別のコンテンツタイプになりました。あなたの投稿に最適なタイプを選べます。質問では、答えが投稿されたら通知を受け取るために”私にもこの質問があります”を選べます。

old_discussion_J.pngnew_discussion_J.png

ドキュメント

old_document_J.pngnew_document_J.png

ブログ

FileMaker, Inc. が公開する製品ニュースの記事や、新しいブログ コンテンツタイプを使った他のコンテンツを見ることができます。そのために、FileMaker, Inc. のニュースに関するブログ、コミュニティ情報、フィードバックのスペースがあります。

 

新しいプレイス(スペースもしくはグループ)フォーマット

最も利用されていたスペースやグループを新しいモバイルフレンドリーなレイアウトに移行しました。最も大きなユーザ エクスペリエンスの変更は[アクション] メニューが右側のコラムからバナーの上部右に移行されたことです。

old_action_J.pngnew_action_J.png

 

新しいプロフィールのデザイン

ユーザ プロフィールのデザインの改善のため、レスポンシブ デザイン フォーマットに移行しました。新しくなったプロフィールでは、

  • すべての経歴が左のコラムに表示されます
  • 貢献度が上位の人や最も人気のコンテンツがハイライトされます
  • 評判(バッジ/ポイント)のようなプロフィール内の他のリンクに素早くアクセスできます
  • バナーイメージを好みに合わせて変更できます
  • 部署の代わりに会社名を表示できます(他のメンバーに表示する設定により)

old_profile_J.pngnew_profile_J.png

その他の変更

新しい FileMaker Community は、ビデオの再生や他のドキュメントのプレビューにFlashを利用する必要はありません。

ポイントのシステムも変更しています。あなたのすべてのポイントと資格認定のバッジは移行され、引き続きポイントが加算されます。投稿、返信、役に立つや正解マークへのチェックなど。追って、新しいポイントのシステムについておしらせします。