2013年9月14日大阪 FileMaker スキルアップ・ワークショップ開催のお知らせ

Document created by Arachi Satoshi on Sep 26, 2013Last modified by Arachi Satoshi on Dec 16, 2014
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

FileMaker TechNet メンバー各位

 

 

皆様方におかれましてはますますご健勝のことと、お喜び申し上げます。

また、平素より格別のご高配を賜り、心よりお礼申し上げます。

 

 

このたび、FBA Platinum メンバーの株式会社ジュッポーワークス様が主催する参加費無料の「FileMaker スキルアップ・ワークショップ(先着25名)」が、2013914日(土)に大阪で開催されます。主催者からご連絡いただいた「開催の要旨」を、以下にご紹介します。

 

 

今すぐ、お申込み

 

 

 

◎「スキルアップ・ワークショップ」の内容について

このワークショップでは、主催者の進行のもと、主催者が用意したテーマについて他の参加者と意見交換をしながら、日頃抱いている疑問をしたり、FileMaker ソリューションの使用と開発に役立つ知識を深めたり、実際に応用できるスキルを学んでいただけます。

 

 

ファシリテーター

株式会社ジュッポーワークス(FBA Platinum メンバー)

 

 

テーマ:逆説的検証:こんな作り方をすると動作が遅くなる...

 

 

ソリューションの機能追加や改良、レコード数の増大、ファイルのコンバートなどにより、お使いの FileMaker ソリューションのレスポンスが変わることを経験された方もいらっしゃると思います。

今回のワークショップでは、レスポンスが遅くなる状態を皆さんに作ってもらい、より良いソリューションの構築を阻害する要因を理解していただきます。これにより、設計や改良をしてもソリューションの最適なパフォーマンスを維持する方法を学習します。

スクリプト、およびモデリング/レイアウトの2つの視点のグループを作り、それぞれの視点でテーマに取り組んでいただきます。

自身のソリューションでレスポンスについて課題がある方は、現在の構造や処理手順などをあらかじめ整理してご参加いただけると良いのではないでしょうか。

 

 

 

対象:

・ある程度の期間、ソリューションを継続運用しデータが増大

・機能改良を重ねて、構造が複雑化

・バーション6以前のファイルをコンバートして、そのまま運用を継続 このような要素を含むソリューションでパフォーマンスについてのポイントを考察したい方

 

 

日時:

2013914日(土)

13:45 受付開始

14:00 ワークショップ開始

18:00 終了

 

 

定員:

25名(先着順)

定員がございます。先着順で定員に達した後に申し込みを頂いた場合、ご参加頂くことができなくなる場合がございますので、あらかじめごください。

 

 

会場:

大阪産業創造館 5F 研修室A

大阪市中央区本町1-4-5

電話:06-6264-9808

 

 

交通

地下鉄堺筋線 堺筋本町駅下車 12番出口 徒歩5

http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

 

 

お申し込み:

 

今すぐ、お申込み

 

 

-------------------------------------------

FileMaker TechNet 事務局

Attachments

    Outcomes