FileMaker 13のためのセキュリティガイド

バージョン 4

    データの保護は、すべての規模のビジネスにおいて、トップの懸念事項であり優先するべき項目です。2012年にウォールストリートジャーナルで、この注意すべく分析結果を挙げています。”11名から100名の従業員はさらに大きな規模(100から1000名の従業員)の組織に比べて10倍以上も頻繁に攻撃されます。FileMaker プラットフォームなら、ユーザのアクセスをフィールドレベルまでコントロールする機能を使って、貴重なデータを組織が保護することを可能にします。さらに、FileMaker Pro 13 Advanced を使えば、米国の国立標準技術研究所が米国標準企画として導入したAES256ビットでFileMaker ソリューションを暗号化できます。それは、ネットワーク上で FileMakwer Server 13 でホストされる場合でも、外出先のもFileMaker Go 13 で利用される場合でも有効です。

     

    新しい FileMaker セキュリティガイドは、組織が求めるセキュリティを実現する FileMaker ソリューションを作成、運用、展開するためのベストプラックティスの概要を提供する、充分な情報を含んだガイドです。