ベストプラクティス:ファイルの修復

バージョン 5

    このテクニカルブリーフでは、次の6つの主要分野に対処します。

     

     

    1. ファイル修復の目的、プロセス、および結果

    2. FileMaker ファイルおよびその構成に関する説明

    3. ファイルの損傷とは何か、およびファイル損傷を防ぎ、改善する方法

    4. FileMaker Pro ファイルの修復に関する新しいオプション

    5. 修復の結果に基づく適切かつ良識的な仮定および取るべき措置

    6. FileMaker Pro ファイルの修復のいくつかの使用シナリオに関する説明および詳細

     

     

    ファイル修復は、仮説でも管理された研究室環境で発生するものでもなく、実在の本番環境でファイルを使用する場合に発生します。しかし、ファイル修復が必要となる状況を回避するための、FileMakerファイルの開発およびそのホスティングの両方で採用できるベストプラクティスが多数あります。これらのベストプラクティスを採用するべきであり、「そうしないと、ファイルの修復を必要とするファイル損傷を生じさせる重大な原因」となります。したがって、この解説書が問題の原因となったアクティビティや障害の結果として生じたこれらのベストプラクティスを強調する理由がおわかりいただけると思います。FileMaker 14 のために更新しました。