New in 14: FileMaker Go のインターフェース

Version 4

     

     

     

    550-FileMaker+Go+Launch+Center.png

    起動センター


    FileMaker Go の [起動センター] は FileMaker Pro と似ており、同じカラフルなファイルアイコンが表示されます。さまざまなファイルを表示するための 3 つのオプションが画面下部に表示されます。


    • 最近使った項目 (最近使ったファイル)
    • デバイス (デバイス上のローカルファイル)
    • ホスト (ホストされたファイル)


    [お気に入り] はここではサポートされていません。


    [ホスト] ポップオーバーメニューには、ローカルネットワーク上のホストがすべて表示されます。またこのメニューを使用してホストを手動で追加することもできます。


     

     




    インターフェース


    FileMaker Go 14 では、重要な操作が 4 つのグループに分類されています。そのうちの 2 つが画面上部のメニューバーに、残りの 2 つが画面下部のツールバーに表示され、どれも簡単に見つけられるようになっています。

     

    タップターゲットもさらに大きくしました。これにより、外出先や公共交通機関での通勤中など、困難を伴う環境での操作の確実性と使いやすさが向上しています。

     

    551-ipad+with+menubar+diagram.png

     


    552-solution_actions.png

    ソリューションの操作


    このポップオーバーメニューの操作 (閉じる、印刷、レコードのエクスポート、レイアウトの変更など) はソリューション全体に適用されます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    553-find_actions.png

    検索の操作


    ユーザにわかりやすいように検索アイコンを画面右上隅に配置しました。ポップオーバーには各種検索オプションがひと目でわかるように表示されます。FileMaker Pro とは異なり、FileMaker Go では対象レコードの絞り込みおよび対象レコードの拡大といった操作は検索モードに切り替える前に実行されます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    554-navigation_actions.png

    ナビゲーション操作


    ナビゲーション操作は画面下部に目立つように表示され、最上位レベルのボタンを使用して前後に移動することができます。対象レコードの操作に便利なポップアップも表示されます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    555-add_delete_actions.png

    レコード操作: 追加および削除


    右下の 2 つのボタンを使用して、レコードの追加、レコードの複製、現在のレコードの削除、および対象レコードの削除を行うことができます。

     

    [新規検索を作成] ボタン (上記 [検索] ポップオーバーを参照) をタップして検索モードに切り替えると、FileMaker Pro と同様に、これらのボタンを使用して検索条件を作成したり、削除したりすることができます。

     

     

     

     

     

     

     

    レコード操作: ソート 556-sort_actions.png


    右下にはソートボタンも表示されます。このボタンをタップするとポップアップメニューが開き、ソート機能を完全に制御することができます。

     

     

     

     

     

     

     


    FileMaker Go のインターフェースの非表示化


    さらなる没入感を得るために FileMaker Go のインターフェースを非表示にしたい場合は、3 本の指を上にスライドさせます。下の画像は、このジェスチャを実行した後の画面です。メニューバーもツールバーも表示されていません。インターフェースを再表示するには、3 本の指を下にスライドさせます。


     

    557-hide+the+interface.png

    以下の 2 つのスクリプトステップを組み合わせることにより、この操作をスクリプト化することができます。

     

    メニューバーの表示切り替え [ 隠す ]

    ツールバーの表示切り替え [ 隠す ]