JDBCドライバからアクセスすると手動削除したオブジェクトフィールドの元の値が返ってくる

バージョン 1

    【動作環境】

    FileMaker pro 14.0.4 windows および FileMaker Server 14.0.4.412

    JDBC クライアントドライバ 14.0 v1

    Java JDK1.8

    オブジェクトフィールドはオープン格納とする。

     

    【不具合内容】

    Javaプログラムをクライアントとして、オブジェクトフィールドの内容を取得するプログラムを作成し、通常通り登録されているオブジェクトフィールドの内容が取得できることは確認しました。

     

    その上で、格納先のファイルを手動で削除や内容の更新、ファイル置き換えを実施後、Javaから該当オブジェクトフィールドの内容取得を行うと、手動操作前のデータが返ってきます。(サーバー再起動後は取得できなくなるので、キャッシュが返されている?)

     

    ファイル内容の改ざんや削除がされている場合はエラーなるのが正しい動作かと思います。

    修正をお願いできないでしょうか?