[デバイスから挿入]スクリプトステップの「カメラオプション」に、自動シャッターと自動保存のオプションを追加

Idea created by YukioTakaoka on Jul 6, 2017
    Active
    Score4
    • 7000130265
    • user29697
    • YukioTakaoka
    • ShoichiroYagi

    【 あなたのアイデアの概要】

    [デバイスから挿入]スクリプトステップの「カメラオプション」に、自動シャッターと自動保存のオプションを追加することで、作業効率が改善するチャンスがあります。

     

    【 このアイデアがあなたにとって重要な理由

    FileMaker Go で使用するカスタムAppを開発している際に、ボタンクリックやスクリプトトリガでカメラを起動することができますが、シャッターを押すのは利用者が自身のタイミングでシャッターボタンを押す必要があります。

     

    実際の運用現場では、自動的にカメラを起動したら、自動的にシャッターがタイマーなどで動作し、ターゲットとなるフィールドへ撮影した写真が自動的に保存されて欲しい場合があります。

     

    【このアイデアを使って解決すると考えている利用の事例

    スキャナーなどが使用できない場所でFileMaker Goを使用し、1日に大量の写真を撮影して保存する場合、シャッターを押して、画像を保存するという、たった2回の手作業が大きな負担となる場合があります。

    自動的にシャッター動作し、フィールドに写真が保存されると、この負担が大幅に軽減されます。

    また、”自動化された一連のくり返し作業” においても、このオプションが追加されることで、FileMaker Goをエンドユーザにお薦めする機会は増加します。

     

    以上、ご検討をお願いします。