タイムスタンプ取得時にゼロ秒だった時の関数戻り値の制御

Idea created by YukioTakaoka on Jul 19, 2018
    Active
    Score11

    Get(タイムスタンプ)、Get(ホストのタイムスタンプ)などの関数を実行し、タイムスタンプを取得した時、たまたま秒がゼロ秒だった場合の戻り値は、「2018/07/20 11:30:00」という値を期待していますが、実際には時刻部分が「11:30」と言う具合に、秒の部分が省かれた値が戻されてきます。

     

     

    ヘルプには、ゼロ秒の時に秒の値は返さないと注釈はありますが、ユーザは秒がゼロ秒の場合、「:00」と秒の部分も得られると期待しています。

     

     

    そこで、ファイルオプションに、『0秒の時に「:00」を返す。』等の設定項目を設けて、ユーザがオンにした場合に、0秒の時に「:00」を返す様にすれば、イメージした戻り値と一致させることができ、ユーザの混乱を防止することができます。