AnsweredAssumed Answered

FM11で破損レコードが出来る

Question asked by meki on Mar 14, 2013
Latest reply on Apr 19, 2013 by TSGalJ

概要

FM11で破損レコードが出来る

製品

FileMaker Pro

バージョン

11.0v3

オペレーティングシステムのバージョン

win7

問題の内容

FM11serverで在庫管理をしていますが、非常にまれですが、破損レコードが出来ます。
破損レコードの各フィールドの表示が正常な時も有ります。また、まれに全てのフィールドで「!」の時も経験したことがあります。破損レコードが出来る理由は、処理負荷が大きい時に発生するのでしょうか?
在庫が正常に管理出来ないとなれば、信頼性がないと思われてしまいます。根本的な対処方法は、処理スクリプトの見直しかとも思われますが、クライアントPCの性能アップ(win7メモリ2GB→4GB)等で処理負荷が減れば、このようなトラブルは減るのでしょうか?現在4名で在庫管理をしています。

問題の再現方法

同じEAN128コードが付いたレコード(商品)が2個存在しないといけない時に
(1)「EAN128」コードで検索する
(2)「規格」「LOT」等で検索する

予想された結果

(1)「EAN128」コードで検索する
(2)「規格」「LOT」等で検索する
どちらも検索結果は2個でないといけない

実際の結果

(1)「EAN128」コードで検索すると、検索結果は2個
(2)「規格」「LOT」等で検索すると、検索結果は1個

レコードIDを計算式で取得表示させ、全レコード表示で破損レコードの「レコードID」を探しても存在しない。
破損レコードの「レコードID」で検索しても該当ゼロ。

表示されたエラーメッセージの正確な内容

なし

設定情報

この破損レコードは、処理過程で一端別テーブルで処理されて、元のテーブルに戻されたレコードです。

対処方法

破損レコードを「複製」させると、そのデータは、正常に存在(各フィールド内容も正常)し、検索にも該当します。

%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC.jpg

Outcomes