1 返信 最新の回答 日時: Apr 19, 2013 1:17 AM ユーザー:TSGalJ

    FM11で破損レコードが出来る

    meki

      概要

      FM11で破損レコードが出来る

      製品

      FileMaker Pro

      バージョン

      11.0v3

      オペレーティングシステムのバージョン

      win7

      問題の内容

      FM11serverで在庫管理をしていますが、非常にまれですが、破損レコードが出来ます。
      破損レコードの各フィールドの表示が正常な時も有ります。また、まれに全てのフィールドで「!」の時も経験したことがあります。破損レコードが出来る理由は、処理負荷が大きい時に発生するのでしょうか?
      在庫が正常に管理出来ないとなれば、信頼性がないと思われてしまいます。根本的な対処方法は、処理スクリプトの見直しかとも思われますが、クライアントPCの性能アップ(win7メモリ2GB→4GB)等で処理負荷が減れば、このようなトラブルは減るのでしょうか?現在4名で在庫管理をしています。

      問題の再現方法

      同じEAN128コードが付いたレコード(商品)が2個存在しないといけない時に
      (1)「EAN128」コードで検索する
      (2)「規格」「LOT」等で検索する

      予想された結果

      (1)「EAN128」コードで検索する
      (2)「規格」「LOT」等で検索する
      どちらも検索結果は2個でないといけない

      実際の結果

      (1)「EAN128」コードで検索すると、検索結果は2個
      (2)「規格」「LOT」等で検索すると、検索結果は1個

      レコードIDを計算式で取得表示させ、全レコード表示で破損レコードの「レコードID」を探しても存在しない。
      破損レコードの「レコードID」で検索しても該当ゼロ。

      表示されたエラーメッセージの正確な内容

      なし

      設定情報

      この破損レコードは、処理過程で一端別テーブルで処理されて、元のテーブルに戻されたレコードです。

      対処方法

      破損レコードを「複製」させると、そのデータは、正常に存在(各フィールド内容も正常)し、検索にも該当します。

      %E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC.jpg

        • 1. Re: FM11で破損レコードが出来る
          TSGalJ

               meki 樣

               平素は弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

               ご投稿の現象ですが、ご利用のファイルには索引の破損が発生されている可能性がある模様です。

               [ファイル]メニューの[名前を付けて保存]から、現在のファイルのレコードなしのコピーを作成し、csv 形式などで書き出したデータをインポートすることで、索引の再生成をかけることが対策としてあげられます。

               書き込まれた情報ではファイルの破損が発生された原因は特定できかねますが、PCのパフォーマンスが原因ということは基本的に考えづらく、インポート作業中にアプリケーションの強制終了などが発生した状態のファイルを継続してご利用の場合や、データベースファイルを OS レベルのファイル共有を使用して複数ユーザーでアクセスされている場合などが、ファイルの破損につながる可能性があるため、ファイルの保存先や運用状況について、念のためご確認いただければと存じます。

               ファイルメーカー株式会社

               TSGalJ