1 返信 最新の回答 日時: Aug 29, 2012 1:34 AM ユーザー:TSGalJ

    印刷が出来ない

    道彦岸原

      概要

      印刷が出来ない

      製品

      FileMaker Pro

      バージョン

      12.0v2

      オペレーティングシステムのバージョン

      Windows xp

      問題の内容

      バージョン9から12へバージョンアップし変換したファイルで検索後、プレビューで最初のページから次のページへ切り替わるのに5秒以上かかる。
       プレビューからブラウザモードに戻り印刷をすると固まり強制終了するしかない。

      問題の再現方法

      A3用紙で5、6枚位のレコード数だと別のレイアウトでは、印刷可能。
      印刷できないレイアウトはスクリプトで検索をかけて対象レコードの絞り込みをしている。
      A3用紙で10枚位のレコード数。

      予想された結果

      変換前の同じファイルをバージョン9では問題の症状は、確認されません。

      表示されたエラーメッセージの正確な内容

      タスクマネージャのアプリケーションのタブでFile Makerのタスクの状態が応答なしを表示。

      設定情報

      サーバー(windows Server2003)でFileMaker Server12をインストール。
      メモリ4G
      クライアント(WindowsXP)FileMaker Pro12 メモリ2G。
      クライアント(Windows7)64ビットFileMaker Advanced12 メモリ8G。
      プリンター キャノンLBP5600、LBP5900レーザープリンタ。

      対処方法

      バージョン9を使用する。

        • 1. Re: 印刷が出来ない
          TSGalJ

          岸原 道彦 樣

          平素は弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

          この度は、変換後のファイルで動作の低下やモードの切り替えが正常に行えないとのことで、ご迷惑をおかけしております。

          本来であれば、FileMaker Pro 9 のファイルを FileMaker Pro 12 用に変換されても、特にプレビュー表示が遅くなる、印刷ができないということは起こらないと思われます。

          参考ですが、数千件や30万件のデータがあるファイルを変換し、検索とモード切り替えを確認いたしましたが、速度低下や異常終了といった問題は再現できておりません。

          このため、可能性として、ご使用のファイル(または一部のテーブル、レイアウト部分)にファイルの破損や変換の失敗が発生されていることが考えられます。

          1つの対策として、FileMaker Pro 9 または Pro 11 などで fp7 ファイルの修復を行ってから、FileMaker Pro 12 で変換をすることが挙げられます。

          また、特定のレイアウトで問題が発生されている場合には、以下のような作業を行うことでデータベースファイルから問題部分を取り除ける可能性があります。

          ・変換時に作成される conversion.log ファイルを確認し、該当のレイアウト名やテーブル名に関連したエラーが出ていないかどうか

          ・該当のレイアウトと同じテーブル上に、新規のリスト表示レイアウトを作成し、そちらでの動作を確認すること

          ・問題の発生するレイアウトを複製し、レイアウト上のフィールド枠や罫線、画像などのレイアウトオブジェクトを一旦すべて選択して削除したレイアウト(台紙のみのレイアウト)で動作を確認すること

          ・複製したレイアウトから上半分/または右半分などに配置されている一部のレイアウトオブジェクトを削除したレイアウトで動作を比較すること

          以上のような方法で、問題点の絞り込みができれば、その部分の除去を行うことで改善できる可能性がございます。

          なお、上記とは別に、ファイルを使用するコンピュータを別なコンピュータに変更された場合、レイアウト上で使用されているフォントが移動先のコンピュータに無いと、画面の表示や印刷に問題が発生することがあります。

          移動先のコンピュータに指定されたフォントが無いと、FileMaker Pro のアプリケーション上では、MS P明朝フォントでの代換表示が行われますが、プレビューや印刷時には該当のフォントの情報が不足することがあるためです。

          このような場合には、レイアウト上で使用されているフォントを新しいコンピュータ上にあるフォントに意図的に変更してみることが対策として考えられます。

          誠にお手数をおかけいたしますが、ご利用のデータベースファイルについて、可能であれば上記のようなチェックを行ってみていただければと存じます。

          今後とも弊社製品をご愛用いただきますようお願い申し上げます。

          ファイルメーカー株式会社

          TSGalJ