AnsweredAssumed Answered

Filemaker GoでQuicktime音声ファイルの再生

Question asked by KenXu on Aug 15, 2010
Latest reply on Aug 17, 2010 by KenXu

タイトル

Filemaker GoでQuicktime音声ファイルの再生

フォーラムに投稿

こんにちは。

表題の通り、Filemaker Go for iPadで、オブジェクト型の項目に入った、Quicktime音声ファイル(および、直接録音したサウンド)が再生できないという問題を抱えています。

これまで、Filemaker Pro Advanced 11(OSX Snow Leopard)で使っていたデータベースをFilemaker Go for iPadで使おうとしており、あるテーブルの中にオブジェクト型の項目を作成して、その中に、

①Quicktimeを挿入

②サウンドを挿入

で、挿入した音声データがあります。まずは、この項目が埋め込まれたレイアウトをそのままFilemaker Go(以下、FMG)にコピーして見たのですが、その項目をタップすると、「Copy, Paste」などのメニューが表示されるだけで、再生されませんでした。そこで、レイアウト上に、新たにボタンを1つ用意して、そこに、まず音声データの入った「フィールドへ移動」して、「Quicktimeを再生」と実行するスクリプトを書いて埋め込んでみましたが、音は鳴ってくれませんでした。

そこで皆さんのお知恵をお借りしたいのですが、

1. そもそもFMGでは、このような音声データの再生はサポートされているのか

2. されている場合、何か前提条件のようなものがあるのか

という点を、お伺いできたらと思います。

見たところ、Quicktimeを挿入した場合、ファイルそのものがFilemakerのfp7ファイルには格納されない(たぶんこれは仕様)のが原因ではないかと推測しているのですが、何かWorkaround的なものはあるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Outcomes