4 返信 最新の回答 日時: May 28, 2013 12:47 AM ユーザー:gigalyz

    タイトルヘッダの 出現ごとページ番号再開始 が無視される

    gigalyz

      タイトル

      タイトルヘッダの 出現ごとページ番号再開始 が無視される

      フォーラムに投稿

           題の通りで2ページ目以降の本文ヘッダ部分に載せたページ番号が2から始まります。

           ヘッダでの同様の機能は働きます。タイトルヘッダがダメ。

           おっちょこちょいな私でも、このチェック有無での動作切り換えが働かないのは

           元々の仕様かバグと判断していいですよね?

            

           これに限らずGoの対応してないとか動かないという細かい情報はどこかにドキュメントは無いのでしょうか?

           Filemaker社の方、見てますか?教えて下さい。

           他にもPDF保存ステップでも11Goは保存後開くのチェックが入っているとファイルディレクトリに保存されないとかパートを跨ったオブジェクトの描画がされないとか、こういう詳細相違情報が無いのでいちいち手間が掛かり難儀です。

           情報無い点については12Goでも同じだと思うんですが改善望めませんか?

           あと根本的にGoiPad11.0.2とGoiPad12.0.7を使っていますがデベロップガイドはGo1.2とあります。

           ガイドは11用を記載してあり12用ではないと考えて良いのでしょうか?

            

        • 1. Re: タイトルヘッダの 出現ごとページ番号再開始 が無視される
          Tella

               との様

               こんにちは。

               レスが付かないようなのでちょっとやってみました。

               タイトルヘッダについてですが、「出現ごとページ番号再開始」のチェックをつけると2ページ目のページ番号は

               1から始まります。これが2から始まるということでしょうか?

               そうであれば、再度チェックをつけ直すか、新しいレイアウトで試してみてはどうでしょうか。

               私の作ったファイルでは、特に問題なく、ProでもGoでも同じように動いています。

               後、デベロップメントに関してはGo12用のものが出ているようなので、ご確認されてはどうでしょう。

               http://www.filemaker.co.jp/support/product/documentation.html

                

          • 2. Re: タイトルヘッダの 出現ごとページ番号再開始 が無視される
            gigalyz

                 Tella 様

                 情報ありがとうございました。
                 問題ないですか。
                 私の方で今、問題の動きだけ確認するファイルを新規で作りましたがやはり駄目です。
                 以下の構造ですがどこか気づくことはありますか?

                 レイアウトの趣旨はA4縦で1ページ目にレポートの表紙領域を、
                 2ページ目以降にレコードも含む表レポート本文を印刷する

                 今回検証用で作ったファイルはテーブル一つだけ
                 フィールド定義は
                 ■値(数字)     ←レイアウト後にレコードを25件ほど作り識別用に全置き換えで1から増1でシリアル値
                 ■ページ 計算非保存 Get(ページ番号)
                 のみ。

                 レイアウト(リスト表示 余白使う 上下左右23px)
                 パート設定は
                 タイトルヘッダ 795px
                  ほぼA4一杯の高さ
                  各出現ごとにページ番号再開始
                  ページ記号##とフィールド〔ページ〕を確認用に配置
                 ヘッダ 246px
                  リストレポートの表題部分として
                  ページ記号##とフィールド〔ページ〕を確認用に配置
                 ボディ 23px
                  レコードのリスト表示として 値フィールドを一つだけ配置
                 後部総計 435px
                  ページ境界をまたぐ、ページの下でパートの残り部分を捨てる にチェック
                 フッタ 89px
                  リストレポートの総計と添付表示領域として
                  ページ記号##とフィールド〔ページ〕を確認用に配置
                 以上でA4縦で20件ごと1ページのサイズになります。

                 このファイルをPro11では想定通りヘッダ以下の表レポート部分はプレビュー印刷2ページ目がページ1として表示されます。
                  ページ番号##はタイトルヘッダの設定動作どおり
                  Get(ページ番号)はタイトルヘッダの設定は効かない

                 同じファイルをGo+iPadでファイルメーカー共有クライアントとGoのローカル両方で確認
                 確認は印刷→対象レコード→PDF→表示 にて
                 ページ番号##はタイトルヘッダの設定は無視され表レポート部分はページ2から始まるに

                 代りにGet(ページ番号)にその効果が現れる
                 よって、Getページ番号によるアプリ種類の判定との組み合わせで

                 Pro11側で-1して表示するフィールドを追加表示することで一応可能。
                 結局##は使えない。


                 >デベロップメントに関してはGo12用のものが出ているようなので

                 ありがとうございます。目を通してみます。


                  

            • 3. Re: タイトルヘッダの 出現ごとページ番号再開始 が無視される
              Tella

                   との様

                   確認しました。

                   Get(ページ番号)関数はそのページが何ページ目かをとってくる関数となり、

                   パート出現ごとに再配版を行うオプションには対応していないはずです。

                   実際Proでも同じような状態になります。

                   通常それを行いたいのであれば、レイアウトモードにてページ番号を配置することが必要になりますね。

                   また、Get(ページ番号)の使い方の一般的な例として、その関数を使い、プレビューモード上で関数を

                   評価し、最終ページに行くことにより、印刷した結果が何ページになるかを把握するときに使うような

                   ものになります。

                   作成されているデータベースの構造の見直しを行われた方がいいかもしれないですね。

                    

                   ご参考までに

              • 4. Re: タイトルヘッダの 出現ごとページ番号再開始 が無視される
                gigalyz

                     Tella 様

                     >作成されているデータベースの構造の見直しを行われた方がいいかもしれないですね。

                     そうでしょうか?
                     趣旨としてはページ記号である ## がGoで正しく再No動作しない点の指摘です。
                     そして先のresでは仕方なく対処としてGet(ページ番号)で代用しなければならないし、
                     しかもGoでGet(ページ番号)は再Noしてしまうと書いたのです。

                     >Get(ページ番号)関数はそのページが何ページ目かをとってくる関数となり、
                     パート出現ごとに再配版を行うオプションには対応していないはずです。

                     いえ、Goでは再No対応しているのでタイトルヘッダ1ページ目にフィールドを置けば1となり、
                     更にヘッダに置けば(実質2ページ目)再び1となります(Proは2になる)。
                     従ってGoとProのページ番号表示計算は
                     Case (
                     PatternCount ( Get ( アプリケーションバージョン ) ; "Go" ) = 1;Get ( ページ番号 );
                     Get ( ページ番号 )-1
                      )
                     な感じで発端はGoの##がダメなのに
                     本来正しいであろうPro側の値を操作する式になってしまいます。仕方ないけど。
                     (##が計算で使えるならGo=1;##-1;という感じなのに)

                     また、レイアウトでページ番号を2ページ目から1として出したい目的は
                     表紙にページ番号は不要なのでタイトルヘッダの分はページ算定も表示もしない。
                     (先のテストファイルでは動作確認のため配置と書いていますが)
                     本文はヘッダ~フッタの出力ページなのでそこで##によるページ番号を表示。
                     そのためタイトルヘッダの出現後であるヘッダで1ページ目となるよう
                     タイトルヘッダのオプションの各出現ごとにページ番号再開始を設定です。
                     ##とヘッダ出現毎の再Noの組み合わせ使用法としてはGet(ページ番号)ができる以前のVerから
                     こういう時のための機能でGoが正しく引き継げていないと思うのですが。