0 返信 最新の回答 日時: Aug 11, 2014 8:44 PM ユーザー:ねこ吉

    ダブルタップの処理について教えてください

    ねこ吉

      タイトル

      ダブルタップの処理について教えてください

      フォーラムに投稿

           FileMakerGo 13.4.4 / iOS7.2.1 / iPhone 5 を使用しています。

           FileMakerGo のダブルタップ回りの処理について教えてください。

            

           ある特殊な用途に使う電卓がほしくて、自分で作ってみたのですが、

           数字の入力のときに速めに画面をタップする入力が認識されません。

           もちろん「速めにタップ」と言っても、普通の人が電卓のユーザ

           インタフェースに対して期待するスピードの範囲です。

            

           状況としては次のようになっています。

           前提1)  ウインドウの初期化時、ズームの設定 [ ロック ; 100% ] を実行しています。

           前提2) 数字キーにスクリプトを割り付ける[ボタン設定ダイアログ]では、[現在の

            スクリプト]項目は「すべてを終了」にしてあります。

           a) キーを 1→ 2 → 3 と押した場合は、かなり早くタップしても、すべての

            数字が入力できます。

           b) キーを 1 → 1 → 0 と押した場合は、「 10 」と入力されます。

           c) キーを 1 → 0 → 0 と押した場合は、「 10 」 と入力されます。

            

           そこで、そのレイアウトでトリガ OnGestureTap をフックして、

           ハンドラ関数の中で Get ( トリガジェスチャ情報 ) を見てみました。

           b) のケースでは、ダブルタップのイベントが発生していることを

           確認しました。なので、ダブルタップイベントを見つけたら、

           キーが2回押されたものとして処理すれば、正しく数字を入力できる

           ような気がしています。(ドライバを書いてるみたいになりますが。)

            

           しかし、c) のケースでは、ダブルタップイベントが発生していませんでした。

           b) と c) の違いは、ダブルタップ操作の直前に他の座標のタップがあるか

           どうかです。

           c) では、単にイベントが間引かれているだけのようです。ダブルタップイベントが

           フックできない以上、対処ができないように思います。

            

           このような現象について、どう考え、どう対処したらよいのでしょうか。

            

           今回は、私用の電卓アプリなのであきらめるという選択もあるのですが、

           他のアプリでも[前レコード][次レコード]ボタンを画面上に

           配置したとき連打時の操作が不安定で、操作感が悪かったです。

           また今後、4桁暗証番号を使ったロック解除の画面などを作ろうとすると、

           この現象が障害になってくるような予感がします。

           よろしくおねがいします。