2 返信 最新の回答 日時: Aug 28, 2009 1:20 AM ユーザー:fortune_1

    FileMaker Pro 10 Serverでファイルサービスを行なう

    peccom_1

      タイトル

      FileMaker Pro 10 Serverでファイルサービスを行なう

      フォーラムに投稿

      初めて投稿させて頂きます。

       

      FileMaker Pro 10 Server (or Server Advanced)と9月に発売されるであろうSnow Leopard Serverを使って、Webサーバやmailサーバに加えて、クライアントが主にiPhoneやiPod touchであるファイルサーバのサイトを構築することを考えています。

       あまりにも疑問な部分が多いので質問させて頂けたらと思います。

       

      (1)IP8のプロバイダ契約から始めていく予定ですが、 FileMaker Pro 10 ServerとSnow Leopard Serverは一台の機械で動かせる事が出来るのでしょうか?そしてそのときに、webやmail、そしてファイルサービスを行なう事は可能でしょうか?

       

      (2)「クライアントがユーザページでログインし、各自がダウンロードしたファイルの確認、そしてダウンロード可能なファイルを確認し必要なものにチェックマークを入れてダウンロードボタンを押すと、リンク先の圧縮ファイルがダウンロードされる」これは可能でしょうか?また、その際には別の仕組み/サービスが必要なのでしょうか?

       

      (3)スタートの手順としては、(2)の仕組みを行なうファイルを作成し、試用の FileMaker Pro 10 Server Advancedで公開し、HTMLやPHPで必要に応じてサイトを作り込んで行くという流れになるのでしょうか?

       

      (4)上記の目的の場合、ServerとAdvancedでは、同時接続ユーザ以外のメリット、デメリットは有るのでしょうか?

       

      (5)インスタントWeb公開と、カスタムWeb公開のメリット、デメリット何でしょうか?

       

      質問をたくさんさせて頂きましたが、何かアドバイスを頂ければ幸いです。

      よろしくお願いします。 

       

        • 1. Re: FileMaker Pro 10 Serverでファイルサービスを行なう
          YODA
            

          peccom さん、こんにちは。

           

          (1) ご質問の中の Snow Leopard は未発売であるため、Leopard Server に基づく説明となりますが、FileMaker Server および Server Advanced を、Leopard Server のマシンにインストールして、サービス(デーモン)として利用する事は可能です。また、Leopard Server に搭載されている各種のサービス(Web,mail,wiki,etc.)と同時に動作させる事も可能ですが、接続されるユーザー数や扱われるデータの規模などによっては、サービス別に専用のマシンを用意することが推奨されます。

           

          (2) FileMaker を用いて、ファイルのダウンロード管理サイトを構築する事は可能ですが、少なくとも現状のiPhoneやiPod touchでは、通常画像ファイルしかブラウザ(Safari)からダウンロードする事ができませんので、ダウンロードしたいファイル形式が多岐にわたる場合は、Snow Leopard に搭載される新しいサービスと、専用のAppの組み合わせを利用するなど、FileMaker 以外の選択肢を検討する必要があるかもしれません。

           

          (3) FileMaker で構築を行われる場合は、お考えの通りになります。

           

          (4) Server と Server Advanced の違いは、インスタンとWeb 公開機能の有無と、ODBC/JDBC クライアント接続機能の有無になります。ページを自分で作り込んでゆく(=カスタム Web 公開)をお考えの場合は、Server で対応可能かと思われます。

           

          (5) インスタント Web 公開では、FileMaker Pro で作成したレイアウトを Web フォームに自動的に変換して利用する事で、Web ページのコーディング作業なしで簡単にデータベースの公開を行うことができ、対して、カスタム Web 公開では、Web ページのコーディングに関するノウハウ等が別途必要になりますが、よりカスタマイズされた Web ページを作成し公開を行える事がメリットになると思われます。

           

          簡単ですが、ご参考になれば幸いです。

           

          • 2. Re: FileMaker Pro 10 Serverでファイルサービスを行なう
            fortune_1
              

            (1)のみですが

             

            経験者の参考意見まで。server10.5+FM9でFM運営とファイル共有やWEBなどのサービスを行っています。

            すべてを1台にまとめるのは管理はしやすいですが、 不具合が出た場合すべてのサービスに影響がでてきますので、あまりおすすめはしません。

            万が一、復旧作業をしなければならなくなってしまったら、作業時間がどれほどかかるのか想像できません。