AnsweredAssumed Answered

FileMakerServerで共有中のデータベースファイルのコピー(複製)について

Question asked by 知樹作田 on Feb 5, 2012
Latest reply on Feb 15, 2012 by Tella

タイトル

FileMakerServerで共有中のデータベースファイルのコピー(複製)について

フォーラムに投稿

ファイルメーカーサーバー上で共有中のデータベースファイルをコピーするには?

ファイルメーカーサーバーで提供されているデータベースフォルダは、そのままではファイルメーカーProで「名前を付けて保存」することができません。

これを最も単純な方法で複製するには、次の手順を踏みます。

1 FileMaker ServerがインストールされているPC(以下サーバーマシン)の
  「Filemaker Server Admin Console」を立ち上げ、
  当該ファイルの共有を停止する(閉じる)。

2 FileMaker Proがインストールされているマシンで、共有フォルダからではなく、
  Windowsエクスプローラーからサーバーマシン上のディレクトリをたどり、当該ファイルに直接アクセスして開く。
   この際、共有フォルダ内のファイルであることに関する注意のダイアログが出るが、そのまま開く。 

3 FileMaker Proで「ファイル→名前を付けて保存」で任意の名前をつける。(例えば「~(データベース名)の◯月◯日時点のコピー」など)
  この際、同じフォルダでの共有を続ける場合は保存場所を2と同じディレクトリにする。

4 サーバーマシンのFilemaker Server Admin Consoleを立ち上げ、
  当該ファイル(コピー元・先の両方が必要なら両方)を「開く」で共有を開始する。この時点で共有ができる。

5 FileMaker Proで「共有ファイルを開く」から開くことができる。

以上です。

なお、Windows serverの共有設定によっては2の時にサーバーマシンのDataフォルダに辿りつけない(見えない)場合や
名前をつけて保存ができない場合があります。
その場合は、

  Dataフォルダを右クリック→共有設定で4の操作をするユーザー(またはeveryone)の読み書きを登録
  また右クリック→プロパティの共有設定の「共有」でも同様の設定、「共有の詳細設定」で「共有を開始」にチェックを入れる

ことでできるようになります。

セキュリティ上問題がある場合は、コピーが終わってから設定を戻すと良いと思います。

※ 以上、あまりに基本的な事項のためか、あちこち調べてもわからず、
最終的に自分でやり方を見出した後に公式サポートに連絡して正しい方法であることが確認できたので、忘備録を兼ねてこちらに報告します。
ファイルにデータベース同士のリレーショナルが付いている場合でも同じ方法でコピーできます。 

Outcomes