AnsweredAssumed Answered

FM13のファイル共有でスクリプト内の印刷設定が反映されない

Question asked by keinos on Nov 25, 2014
Latest reply on Mar 5, 2015 by keinos

タイトル

FM13のファイル共有でスクリプト内の印刷設定が反映されない

フォーラムに投稿

Filemakerネットワークで共有されたファイルで、用紙の印刷設定を施したスクリプトが共有先(クライアント側)に反映されません。

■環境情報
・共有元: Filemaker13 Pro Advanced, Windows8.1 (64bit)
・共有先: Filemaker13 Pro, Windows7(64bit), Windows8.1(64bit)
・共有方法:Filemakerネットワーク
・プリンタ機種: Canon LBP9510C (複合機+LANカード付をネットワークプリンタとして。共有プリンタでない) 
・プリンタドライバ登録名: Canon LBP9510C (全PC統一。ポートはスタンダードTCP/IP)

共有元のFM13 Adv上にてファイルを「Filemakerネットワーク」で共有し、3台のクライアントのFM13 Proから共有ファイルを開いてアクセスしています。(アクセス権はかけていません)

同じレイアウトでも、チェック用など用途により用紙サイズを変えて印刷するため、用紙の向きと変倍(拡大・縮小)の設定をしたスクリプトを用意しています。(「A4縦→A3縦」「A3横→A4横」「A4横→A4横_両面」といったスクリプト名

印刷をするボタンのスクリプトに各々用途に合わせてこれらを読み込んでいます。

問題は、印刷を実行すると、共有元では動くのですが、クライアント側からは用紙の変倍指定が解除され等倍で出てしまいます。用紙の向きは反映されるので、印刷設定のスクリプトは読み込まれていると思われます。

今まではFilemaker Pro 11をサーバ替りに、インスタントWEBでクライアントから入力してもらい、印刷はサーバ本体から出力していました。
FMの保守の更新を機に、FM11→FM13へ環境を移行したのですが、FM13にはインスタントWEBがないため、各クライアント用にFM13Proを用意する予算が付いたのはいいのですが、今回の現象が発覚しました。

「各クライアント毎、印刷時に用紙設定で都度変更」という解決策はみとめられないため、困っています。

FM11時代から、ドライバなどのアップデートがあるたびにスクリプト内の印刷設定が飛んでしまうなどの現象があったため、印刷設定はスクリプト化しておいて、それを呼びこむ事で安定化を図っていたのですが、共有ファイルでのこのような現象の場合、何か解決法はないでしょうか。

 

 

 

Outcomes