6 返信 最新の回答 日時: Oct 30, 2008 6:05 PM ユーザー:Matthew1

    webビューアの枠線を消したい

    flyingAce

      タイトル

      webビューアの枠線を消したい

      フォーラムに投稿

      はじめまして。windows版のFileMaker Pro9でwebビューアを使用すると、縦スクロールと枠線が表示されてしまいます。縦スクロールは表示するhtml側のCSSに

       

      html, body {overflow: hidden;} 

       

      と記述して消す事が出来ましたが、ビューアのエリアに残った黒い枠線を消す事が出来ないでいます。

       どなたか解決方法に心当たりがあれば教えてください。 

      ※ちなみにOSはXP SP2です。 

        • 1. Re: webビューアの枠線を消したい
          e_nagata
            

          flyingAce さん こんにちは。

           

          レイアウトモードで Web ビューアを選択している状態で、画面の左端のペンツールで線の太さを「なし」(0ポイント)にすれば、枠線が出てこなくはならないでしょうか。

           

          まだ未確認でしたらお試しください。

          • 2. Re: webビューアの枠線を消したい
            flyingAce
              

            neyoさん、アドバイスありがとうございます。

             

            “枠線0ポイント”は既に試してみましたが、枠線を消すことはできませんでした。webビューアを配置した同じ.fp7ファイルをmac環境のFileMaker Pro (Advanced 9.0v3)で表示すると枠線は表示されていません。

             

             皆さんの環境ではいかがでしょうか? 

            • 3. Re: webビューアの枠線を消したい
              Matthew1
                

              こんにちわ、flingAceさん。

               

              Windows環境で見えているその枠線は Internet Explorer コンポーネント側が表示しているものなので消すことはできないと思います。Mac環境ではSafariのWebKitを使用しているそうなので表示の仕方が違うみたいですね。

              • 4. Re: webビューアの枠線を消したい
                flyingAce
                  

                Mattewさん、情報ありがとうございます。

                 

                windowsでデフォルトのブラウザを変更しても枠線が消えなかったので、確認のため FileMaker Call Centerに問い合わせたところ、“仕様”だと言われてしまいました...。

                 

                残念ですが、仕方ないですね。 

                • 5. Re: webビューアの枠線を消したい
                  Recrear
                    

                  サポートの方も、「できない」と断言されるのはどうかなと思います。わからないなら、わからないと答えてほしいですね。

                   

                  Webビューア内の計算式を下記のようにしてみてください。 

                   

                  "data:text/html,<body style=""border:0; overflow:hidden"">aaaa</body>"

                  • 6. Re: webビューアの枠線を消したい
                    Matthew1
                       FileMaker側からではなく、Internet Explorer側で対応することでウィンドウ枠線を消すことができたのですね。<IFRAME>の外枠と同じようにBODYに設定することで消すことができるとは、とても勉強になります。