3 返信 最新の回答 日時: Jan 6, 2009 1:24 AM ユーザー:pahinui

    グローバル・フィールドの利用方法について

    pahinui

      タイトル

      グローバル・フィールドの利用方法について

      フォーラムに投稿

       FileMaker Serverを介してFileMaker Pro9を使用しています。

       グローバル・フィールドの利用方法について知りたく、伺います。

       

       複数のグローバル・フィールドに一定の文書を書き込み、それらを組み合わせることで一定の書式のメール文書を複数作成しています。

       現状ではFM6時代に作成したファイルをそのままFM9用にアップデートしたため、グローバル・フィールドに文書がそのまま書き込まれたまま保存されています。したがって文書の細部を修正したい場合などには、Serverを停め、ファイルをFM9で開けた後に文書の修正を行い、FM9を終了し、再度Serverを起動するという面倒な手間をかけています。

       こうした手間をかけずに簡易にグローバル・フィールドに書き込み文書内容の変更ができるようにしたいと希望しています。

       たとえばグローバル・フィールドに書き込む文書をスクリプトの「テキストを挿入」などを用いてファイルの起動時に書き込むことは可能でしょうか。その際のテキストは、スクリプト内の指定欄に書き込むことで用意しておけばよろしいものでしょうか。またファイルを閉じる際には、グローバル・フィールド内の文書を消すスクリプトを用いて必要がありますますでしょうか?

       

       グローバルフィールドの簡易で有益な利用法を知りたく伺いました。

       どうぞよろしくお願い申し上げます。

        • 1. Re: グローバル・フィールドの利用方法について
          Matthew1
            

          こんにちはpahinuiさん

           

          pahinuiさんが書かれている手順で問題なく運用ができると思います。ファイルを開くときに実行するようにスクリプトを指定しておけば、それぞれのクライアントがファイルを開いた時点でその値が設定されます。また、ファイルを閉じる際の処理ですが、グローバルフィールドの値はクライアント上からはファイルに保存できないので必要ないと思います。

           

          スタートアップ:

          レイアウトの切り替え[グローバルテーブル]

          フィールド設定 [グローバルテーブル::グローバルフィールド; "メールメッセージ"] 

          (テキストを挿入でも構わないと思います。メッセージの更新時はここを編集するのみです。)

          レコード/検索条件の確定[入力値の制限を無視; ダイアログなし] 

          レイアウトの切り替え[元のレイアウト] 

            

          私はFileMaker Proが変数をサポートするまで、グローバルフィールドを用いてレコード作成時に使用する初期化データなどを格納に使用したり、またグローバルフィールドのみを用いたダミーテーブルを作成しユーザからの入力値をすべての値をチェックし終わった後にデータ格納テーブルにデータを移し替えるために使用していたりしてました。私は以下の点を留意して使用しています。

           

          - グローバルフィールドはローカルファイルであれば編集後の値をファイルを閉じるときに記憶させることができます。ネットワークで共有されているファイルをクライアントの開いた場合、これは適用されません。

          - ネットワークで共有されているファイルを開いた場合、グローバルフィールドに格納されている値をそれぞれのクライアントが編集することができる。編集した値を別のクライアントと共有したり、ファイルを開き直した際に利用することはできません。

          - リレーションシップを作成しなくても、関連していないテーブル上から利用することができる。

          • 2. Re: グローバル・フィールドの利用方法について
            guruguru
              
            Painingさん,はじめまして。 

            pahinui が書き込みました:

             FileMaker Serverを介してFileMaker Pro9を使用しています。

             グローバル・フィールドの利用方法について知りたく、伺います。

             

             複数のグローバル・フィールドに一定の文書を書き込み、それらを組み合わせることで一定の書式のメール文書を複数作成しています。


             

             目的はグローバル・フィールドを使用したいということではなく,

             

             

            • 複数のフィールドに入力された定型文を組み合せてメール文書を作成したい
            • 定型文を簡単に修正できるようにしたい


            ということですよね?

             


            したがって文書の細部を修正したい場合などには、Serverを停め、ファイルをFM9で開けた後に文書の修正を行い、FM9を終了し、再度Serverを起動するという面倒な手間をかけています。


             

              ご承知のように,ネットワーク環境でServerを使ってFM9を運用している場合,グローバルフィールドの内容は単独でFM9を起動したときにグローバルフィールドに保存されたデータが保持され,ネットワーク環境で利用しているときのグローバルフィールドの内容は,ファイルを綴じると保存されていたデータに戻ってしまいます。

             

             そこで,目的を達成するためにはグローバルフィールドを使うということから離れてみたらいかがでしょうか?

             

             次の手順でデータベース構造を改造します。

             

             

            • 定型文専用の,別のテーブルを新規に作成する。
            • 現在グローバルフィールドとなっている定型文のフィールドをこの定型文専用のテーブルにコピー・ペーストする。
            • グローバルフィールドを通常のテキストフィールドにする。
            • 元々のテーブルと定型文専用のテーブルのリレーションを×の演算子で関係づける。照合フィールドの値に関係なくなりますから,照合フィールドは適当に選んでかまいません。
            • 定型文のフィールドを,元々のグローバルフィールドから定型文専用テーブルの新しいテキストフィールドに差し替える。
            • 定型文専用テーブルのレイアウトを作成し,簡単に文書の修正ができるようにする。
            • 定型文専用テーブルは1レコードのテーブルとし,定型文を入力する。

             

             

             こうすれば,いちいちスクリプトをいじる必要もなく,簡単に定型文の修正ができるようになります。 

             


             グローバルフィールドの簡易で有益な利用法を知りたく伺いました。

             どうぞよろしくお願い申し上げます。


             

             

             グローバルフィールドは一時的な保管場所と考えた方が良いでしょう。さらに,最近は変数がスクリプトで設定できることもあり,私はグローバルフィールドをほとんど使っていません。


            • 3. Re: グローバル・フィールドの利用方法について
              pahinui
                

                Matthewさん、guruguruさん、ありがとうございます。

               

               おふたりのご意見を参考にさせて頂きながら、解決を目指したいと思います。

               guruguruさんのご教示に解決策のクリックをしたところ、Matthewさんのご教示には解決策のクリックができませんでした。お二人ともに解決策のクリックをさせて頂きたかったのですが、残念なことに複数のクリックができないことを知りました。

               

               FM6で作成したファイルをそのままFM9に移行してはみたものの、まだまだFM9の機能を十全に生かしきっているとは言えない私の現状です。実を言うとテーブルの概念をよく理解できておりません。

               ついでと言っては申し訳ないのですが、「テーブル」について理解を深めることができるFMのサイトなど、お教えいただければ幸いです。

               

               よろしくお願い申し上げます。