4 返信 最新の回答 日時: Feb 10, 2011 7:05 AM ユーザー:Shin

    フィールド間の比較

    lukeyappy

      タイトル

      フィールド間の比較

      フォーラムに投稿

      failemaker pro11 advancedを使っていますが、初心者で何も知らないまま作っていて、何がなにか判りません。お願いです。教えてください。在庫管理で、在庫の数がそれぞれの品物により、注文レベルを下回ると、注文するようにしたいのですが、出来れば何かのリストに出すか、自分のメールに送ってくるようにしたいのです。よろしくお願いいたします。助けてください!

        • 1. Re: フィールド間の比較
          Shin

          まず、今使っておられるファイルの、構成を書いて下さい。

          基本的な考え方は、受注がかかる毎に在庫数をチェックし、その数と設定した数とを比較していき、条件によってメールしたりするといでしょう。

          または、1日単位での作業で良いのでしたら、全商品の在庫数を計算し、設定した値と比較するように動かせば良いでしょう。

          • 2. Re: フィールド間の比較
            lukeyappy

            早速のアドバイスありがとうございます。当方医療関係で材料の管理をしたいんですが、ファイルの構成は、商品名のテーブルで、フィールドは在庫、注文レベル、ID、商品名、注文日、納品日で、注文のテーブルには、ID,商品名、購入先、注文日、納品日などです。この二つはリレーションを使ってIDが、照合フィールド(?)になっています。材料を使ったら、在庫を一つ減らし、納品したら1つ増やすという簡単な物なんですが、急に物がないということを避けたいので、一つの材料で、この数より下回ると、注文を掛けるようにしたいんですが、、よろしくお願いいたします。

            • 3. Re: フィールド間の比較
              lukeyappy

              本日、悩んでいたことが解消されました。ありがとうございました!

              • 4. Re: フィールド間の比較
                Shin

                出庫入力に、スクリプトトリガーを仕掛けておくか、ボタン設定しておくといいでしょうね。

                または、毎日朝に、斬罪湖陵を調べる様なスクリプトを動かすと良いでしょう。

                きっと、その辺りで解決されたのだと思います。