AnsweredAssumed Answered

ポータルで フィルタリング機能で日付範囲を行う方法

Question asked by 株式会社アネビー on Dec 17, 2013
Latest reply on Dec 18, 2013 by Shin

タイトル

ポータルで フィルタリング機能で日付範囲を行う方法

フォーラムに投稿

     製品テーブルと入出庫明細テーブルを製品コードでリレーションしています。
     検索条件として、
     1.製品コード
     2.開始日付
     3.終了日付
     を入力して、明細表示画面で遷移しポータルで明細を表示するようにしています。
     ポータルのフィルタリング機能を使用して、指定日付範囲のデータをポータルに表示しようとしていますが、うまく範囲指定ができません。

     試しに、フィルタリング機能で、
     ・数量が等しいもの
     ・データ区分は等しいもの
     等を行った場合はうまくいっています。

     変数はダメなのでしょうか?

     日付の場合は、指定方法が異なるのでしょうか?

     現在は、条件画面で入力した日付を変数(グローバル)へ格納し、その変数と比較しています。

     対応方法をご教示ください。

     日付部分もリレーションすれば実現できると思うのですが、表示しないデータの数量合計も合計したいために
     日付の範囲指定はフィルタリング機能で行いと思っています。

     *************************************

     比較を
     HABA_ZAIKO_入出庫明細::日付   ≥   "2013/12/01"  and  HABA_ZAIKO_入出庫明細::日付    ≤    "2014/1/31"
     ように記述するとうまくいきます。

     HABA_ZAIKO_入出庫明細::日付   ≥   $$start_date  and  HABA_ZAIKO_入出庫明細::日付    ≤    $$end_date
     ように記述するうまくいきません。

     変数はダメなのでしょうか?

      

Outcomes