3 返信 最新の回答 日時: Mar 26, 2010 12:00 AM ユーザー:celt

    ポータル内のポップアップメニューがインスタントWeb共有で×

    celt

      タイトル

      ポータル内のポップアップメニューがインスタントWeb共有で×

      フォーラムに投稿

      ポータルを利用したデータベースを構築し、なんとかFileMaker Pro上で直接開いたり、FileMakerネットワーク共有を介して他のマシン上のFileMaker Proで開く時には意図した動作をするようになってきました。

       

      ところで、このデータベースを「インスタントWeb共有」を使用して利用しようとすると、ポップアップメニューの部分が正しく表示・動作しません。

      現象としては、既にデータが入っている項目の場合にはそのデータと空行が1行、データが入っていない項目では空行が1行表示されるのみです。 

       

      同一の画面内で、ポータル内のポップアップメニューがこのような状態になるものの、 ポータルに含まれないポップアップメニューは正常です。

      ポップアップメニューの使用目的は、データ入力の省力化と誤記入防止のために、値一覧に定義した内容のみをセットさせるようにするという、ごく当たり前のものです。 

       

      もしかして、ポータルを使用したデータベースは、インスタントWeb共有では使えない条件があるのでしょうか?

       

      当方はFileMaker Proの初心者ですが、スクリプトにはインスタントWeb共有では利用できないものがあるのは存じております。

      そういった制約のないものだけで構築しようとしているのですが、なんか間違ったのでしょうか?

       

      お詳しい方にご教示をいただければ大変助かります。 

       

       

      ※環境を書くのを忘れていました。

      FileMaker Pro 10 Advanced・Mac OSX(10.6 Snow Leopard)で開発しておりまうす。

      インスタントWeb共有のテストには主にWindows 7を使っています。 

      後者にもFileMaker Pro 10が入っており、Macをサーバにしたり、Win7の方をサーバにし

      たりしてテストしてみているのですが、 状況が高い出来ない状況です。

      にceltにより編集されたメッセージ

        • 1. Re: ポータル内のポップアップメニューがインスタントWeb共有で×
          celt
            

          【補足】 

           

          1)

          「タブコントロール」上に載っているポップアップメニューも同じ状態になってしまうようです。

           

          2)

          [完全アクセス]権限のユーザに関しては、この問題が発生しないようです。 

          編集出来る項目を制御するために、いくつかのユーザ権限を設定しましたが、それが絡んでいる可能性が疑われます。 

          でも、オリジナルのユーザ権限を[完全アクセス]に似せて作っても、問題が解決しません。 

          にceltにより編集されたメッセージにceltにより編集されたメッセージ
          • 2. Re: ポータル内のポップアップメニューがインスタントWeb共有で×
            takeshi0206
              

            私もインスタントWeb共有を利用しています。どこまで職場で通用するかがんばっております。

            同じ現象で悩んでおりました。私はドロップダウンカレンダーで日付を選ぶと、次のフィールドに設定されてしまう現象です。

            celtさんの書き込みを参考に、取り敢えずアクセス権限を変更して対応しました。

            #参考にならない情報で済みません。

            • 3. Re: ポータル内のポップアップメニューがインスタントWeb共有で×
              celt
                

              takeshi0206さま

              ご報告ありがとうございます。 

               

              1) 

              インスタントWeb共有を使ってアクセスしてくる一般のユーザに対して[完全アクセス]権限を与えてしまうのは怖い気がします。

               

              インスタントWeb共有の場合、レイアウトや値一覧の変更は出来ないので、それで事足りる場合もあるかもしれませんが、当方では、管理者がチェックをつけたレコードは編集できないようにするつもりなのですが、[完全アクセス]に設定してしまうと、すべての編集ができてしまいます。

               

              2) 

              【済みません、解決できました..】

               

              色々調べているうちに、以下のことに気付きました。

               

              当方で制作中のDBは本体の他に、リレーショナルで2つのサブのDBから情報を参照している構造になっていましたが、サブのうち片方は本体に吸収できると判断してこれを廃止しました。

               

              実は、この廃止したサブのDBの中で定義してあった値一覧を参照しているのが原因だったようです。値一覧は自分自身に定義してあるものだけでなく、他のDB内で定義してあるものでも参照することが出来るようです。

               

              しかし、ローカルや[完全アクセス]でテストする分には起動させていないこの廃止したDBの値一覧も参照してくれるようですが、インスタントWeb共有によるアクセスの場合はそこまで参照が及ばないようです。

               

              同じ値一覧を本体のDBの方に定義し直し、それを使う形にしたところ、意図した動きとなりました。 

              takeshi0206さま、ご協力ありがとうございました。 

              にceltにより編集されたメッセージ