3 返信 最新の回答 日時: Oct 14, 2008 9:09 PM ユーザー:wada

    レコードの削除を禁止する方法は?

    wada

      タイトル

      レコードの削除を禁止する方法は?

      フォーラムに投稿

      こういう質問をしてよいのか迷いつつですが.......

       

      会社の課の中で、ファイルメーカーPro 9を7名で使っています。

      昨日、誤って複数レコード削除してしまいました。

       

      「レコード削除」を禁止することができると聞いたことがありますが、どういった方法があるのでしょうか?


        • 1. Re: レコードの削除を禁止する方法は?
          YukioTakaoka
             bunさん、こんにちは。

           レコードの削除を禁止にすることは可能です。

          もし、現在使用しているデータベースをデフォルトのアカウントのみで運用しているようであれば、利用者向けのアカウントと、そのアカウント向けに「アクセス権セット」を作成し、レコード削除ができないように設定をする必要があります。
          7名で使用されているとのことですので、すでに個別のアカウントが作成してある場合には、そのアカウントが使用するアクセス権セットに、レコード削除ができないように設定をします。

          以下、新規にアクセス権セットを作成する手順について説明します。

          [ファイル]メニューの[管理]サブメニューから[アカウントとアクセス権]を選択すると「アカウントとアクセス権の管理」画面が表示されます。
          アカウントを作成する場合には、アカウントタブの詳細が表示されているところで「作成」ボタンをクリックします。アクセス権セットを作成する場合には、アクセス権セットタブの詳細から「作成」ボタンをクリックします。

          アクセス権セットタブの詳細から「作成」ボタンをクリックすると、アクセス権セットの編集画面が表示されますので、この画面内の「データアクセエスとデザイン」の所にある「レコード」ポップアップから、レコード削除権限のない「全てのテーブルでの作成および編集」または「全てのテーブルで表示のみ」を選択してアクセス権セットの設定を行います。次にレコード削除が行えないように設定したアクセス権セットをアカウントが使用するアクセス権セットとして設定すれば、そのアカウントでログインした利用者は、レコードの削除は行えません。

          新規でアクセス権セットを作成した場合、レコード以外の部分も設定しなくてはなりませんが、詳しく説明すると長くなりますので、FileMaker Proのヘルプを参照してみて下さい。
          FileMaker Pro 9ヘルプで「既存のアクセス権セットの編集」や「アクセス権セットの作成」といったキーワードで検索すると、詳しい設定方法が解説されています。
           
          なお、FileMaker Proで大量にレコードを削除してしまったような場合、FileMaker Proにはレコードを復活させる機能は有りませんので、こまめにデータベースのバックアップをしておくことをおすすめします。

          ご参考になれば幸いです。









          • 2. Re: レコードの削除を禁止する方法は?
            YukioTakaoka
              

            先ほどの投稿に追加の情報です。

            FileMaker Proのデータベースは、ファイルを作成したときのデフォルトの状態では、「Admin」アカウントをデフォルトで使用してファイルを開くように設定されています。

             

            そこで、その設定を変更する必要があります。

            [ファイル]メニューから[ファイルオプション]を選択して「ファイルオプション」ダイアログを表示させます。

            デフォルトの状態では、このダイアログの「開く/閉じる」タブの、「次のアカウントを使用してログイン」チェックボックスがチェックされた状態で、アカウントに「Admin」 と指定されています。

             

            そ こで、 「次のアカウントを使用してログイン」チェックボックスをオフにすると、ファイルを開くときにアカウントとパスワードを聞いてくるようになりますので、先 に設定したレコードの削除ができないアクセス権セットが設定されたアカウントでログインをするようにしてみて下さい。

             

            以上、ご参考になれば幸いです。

            • 3. Re: レコードの削除を禁止する方法は?
              wada
                

              takaokaさん、追加情報まで、ありがとうございます。

              アクセス権を試したのですが、新しく設定したアカウントで入れなくて困っていたところでした。助かりました。

               

              「アクセス権セット」を先に設定すると楽でした。

              ここでレコードの削除ができないように、「レコード」を「全てのテーブルでの作成および編集」、

              「レイアウト」と「値一覧」を「すべて表示のみ」、「スクリプト」を「すべて実行のみ可能」。

              印刷やエクスポートも許可すれば、通常の編集作業はできそうです。

               

              この新しいアクセス権セットを、新しいアカウントで指定すれば終わり。

              ここまでは、簡単にできました。最後に、「ファイルオプション」の設定ですね。

               

              ありがとうございました。