AnsweredAssumed Answered

ワクチンの必要量把握(年齢区分別の条件検索)について

Question asked by JAsa on Nov 30, 2011
Latest reply on Dec 7, 2011 by JAsa

タイトル

ワクチンの必要量把握(年齢区分別の条件検索)について

フォーラムに投稿

 殆ど素人なので要領をえない質問で申し訳ないのですが宜しくお願いします。 インフルエンザワクチンの在庫管理(必要薬液量の把握)をしたいのですがご教示ください。年齢により接種回数、1回接種量が異なるため年齢区分をもうけて予約一覧から未接種者を抽出する作業になります。 データベース(テーブル)に氏名・年齢・施行1・施行2を設定した予約一覧があります。 接種は13歳以上は0.5mlを1回 3歳以上13歳未満は0.5mlを2回 3歳未満は1回0.25mlを2回です。 接種済みの場合は施行1、2に接種日を入力するので未接種者は施行1or2の空欄検索で求めます。 A 13歳以上で「施行1」空欄の人数x0.5 B 3歳以上13歳未満「施行1」空欄の人数x1(0.5x2) C 3歳以上13歳未満「施行1」*(入力済み)「施行2」空欄の人数x0.5 D 3歳未満「施行1」空欄の人数x0.5 E 3歳未満「施行1」*「施行2」空欄の人数x0.25 以上の合計が必要接種量(ml)となるわけです。 取りあえずA~Eの人数は検索条件でたとえばAなら 年齢≦13 and 1回目接種=(空欄検索) Bなら 年齢≦3>13 and 1回目接種* 2回目接種= で人数はでるので、その人数のカウントを一覧表にして係数をかけて合計する ところを自動化したいんですが如何でしょうか? たとえば「年齢区分13歳以上」というフィールドを作ってスクリプトの空欄検索Aに続けて フィールド設定[テーブル::年齢区分13歳以上;Get(対象レコード数)*0.5] というラインをスクリプトで追加すると13歳以上の必要液量は出るのですが 次のスクリプトで年齢区分3歳~13歳の検索を実行すると値が変わってしまいます。 A~Eの検索条件ででた数字を一覧表示して合計を出すにはどうしたらいいのでしょうか?宜しくご教示ください。ちなみにOSはWindows Vista FileMakerのヴァージョンはFileMakerPro10.Ver3です。

Outcomes