3 返信 最新の回答 日時: Apr 15, 2014 6:37 PM ユーザー:だん

    一致しないデータを新規レコードとして追加するの方法について

    だん

      タイトル

      一致しないデータを新規レコードとして追加するの方法について

      フォーラムに投稿

           教えてください。

           よろしくお願い致します。

            

           環境 WIN7 FM12 

            

           レコードのインポートで一致しないデータを新規レコードとして追加した後、

           その一致しないデータのみ表示する方法を教えてください。

            

           現在2件のAとBレコードがあるとします。

           次に3件のAとBとCレコードをインポートします。

           Cレコードだけ、一致しないデータの場合、Cレコードだけインポートされます。

           このあとレコード件数は3件の表示になるのですが、新しくインポートされたCレコードだけの

           表示にするにはどのようにすればよろしいでしょうか?

            

           スクリプトで設定していますが、検索や他の方法でも結構です。

            

           教えてください。

           よろしくお願い致します。

        • 1. Re: 一致しないデータを新規レコードとして追加するの方法について
          sago350@未来Switch

               スクリプト的には色々方法があると思いますが、スナップショットリンクで、A,Bの状態を保存しておいて対象レコードを入れ替えるという方法はどうでしょうか。

               1.スナップショットリンクで保存

               2.インポート

               3.スナップショットリンクを開く

               4。対象レコードを入れ替える

          • 2. Re: 一致しないデータを新規レコードとして追加するの方法について
            Shin

                 インポートされる側(ABC)が、FMのテーブルにあり、何らかのユニークキーがあるのでしたら

                 そのキーを使ってリレーションを張ります。インポートする側(AB)から、インポートされる側へ、関連レコードへ移動(対象レコードから)、インポート

                 インポートされる側で、対象外のみを表示、インポート

                 という手順で、新たに追加されたレコードのみが表示されています。

            • 3. Re: 一致しないデータを新規レコードとして追加するの方法について
              だん

                   sago35 様

                    

                   ご回答ありがとうございます。

                   また、返答が遅くなり、大変失礼いたしました。

                   スナップショットリンクを初めて使用するにあたり、勉強した結果、希望通り

                   Cレコードだけ、表示することができました。非常に早く、結果を得ることができました。

                   わかりやすく、簡潔にご回答いただき感謝致します。

                   ありがとうございました。

                    

                   Shin 様

                    

                   ご回答ありがとうございます。

                   また、返答が遅くなり、大変失礼いたしました。

                   関連レコードを使用するのが初めてで、関連レコードの使用方法にて苦戦しておりました。

                   関連レコードを使用するにあたり、ABCとAB間の移動で時間がかかりましが

                   スクリプトで追加したレコードのみ表示することができました。

                   いつも、適切なご回答をくださり、感謝致します。

                   ありがとうございました。