2 返信 最新の回答 日時: Jun 17, 2012 5:24 PM ユーザー:at2012

    共有ファイルの保管場所、起動方法について

    at2012

      タイトル

      共有ファイルの保管場所、起動方法について

      フォーラムに投稿

      これまでNASにFileMakerPro12で作成したデータベースをネットワーク上の共有フォルダ(NAS)に置いて、
      FileMakerPro12がインストールされたPCからNASにアクセスしてそのデータベースを使っていました。

      部署内10数名のPCにもAVLAでFileMakerPro12を入れ、
      作ったデータベースを共有設定したところ、うまくいきません。

      「共有ファイルを開く」の設定をどのようにすればよいのでしょうか。 例に記載されているように:fmnet:/NASのIPアドレス/ファイル名 としたところうまくいきませんでした。
      書き方に問題があるのでしょうか。

      いろいろ調べてみまして、FMのデータベースを共有で使うためには、
      どれかのPCでそのデータベースが起動していることが条件で、
      そのPC経由でデータベースを共有するというしくみのようですね。

      NASをローカルディスクと認識すれば、共有で使えるのでしょうか?
      また、NASにおいたFM12のデータベースを共有でうまく利用できる方法が、ありましたら、ご教示ください。 よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: 共有ファイルの保管場所、起動方法について
          Shin

          NASへ、FileMaker のファイルを入れない事をお薦めします。同時に複数のアクセスがあると、ファイルを破壊します。

          同時に10人以上がファイルを開く可能性があるのでしたら、FileMaker server を導入するべきでしょう。少々高価な物ですが、価格なりの安定性と確実性はあります。

          9人未満が同時にファイルを開くのでしたら、いずれかの端末をサーバーとして使用し、そこでFileMaker を常に立ち上げ、全てのファイルを開いた状態にしておきます。(ファイルはその端末のローカルに入れます)その端末では、一切の作業をしない事をお薦めします。

          別の端末からは、共有ファイルを開く,でファイルを利用できる様になります。

          • 2. Re: 共有ファイルの保管場所、起動方法について
            at2012

            ご回答ありがとうございます。やはりNASではだめなのですね。

            同時に10人以上がファイルを開くことはないので、Serverの導入は考えていません。

            > 9人未満が同時に...

            の共有利用でやっていきたいと思います。