3 返信 最新の回答 日時: Jun 24, 2014 1:41 AM ユーザー:goo

    各レコード毎のシリアルナンバーを付けて、そのナンバーを別のテーブル...

    goo

      タイトル

      各レコード毎のシリアルナンバーを付けて、そのナンバーを別のテーブルで使用する。

      フォーラムに投稿

           はじめまして。gooと申します。
           FMはまだ始めたばかりで基本的な操作は覚えたのですが、まだまだ分からない事だらけなのでご質問させて頂きたい思います。

           環境はFM13pro advanceをmac os 10.9.3で使用しています。

           質問させて頂きたい事は4つあります。宜しくお願い致します。

           1)FMがデフォルトで振ってくれる「レコード(数?)」の値とは別にシリアルナンバーの用なものを自動で振ることは可能でしょうか。

           2) (1)のシリアルナンバーをレコードによっては重複させ(手動で打ち込み直す)、重複した分のレコード数を換算して次の連番をはじめさせることは可能でしょうか?(例;1、2、2、4、)

           3) 「見積書」というテーブルに[147]というシリアルが振られたレコードが有ったとして、「請求書」というテーブルのシリアルナンバー入力フィールドに[147]と入力したら指定したフィールド(顧客名などの見積書にも請求書にもあるもの)を反映させることはかのうでしょうか?

           4) テーブルをまたいでのソートは可能でしょうか?

           やろうとしている事は、仕事の流れで「見積書」「証明書」「請求書」と絶対に書くものが3つあるのですが、「証明書」というのが1案件に対して約1-50個とばらつきがあり1個に対して1枚(A4)書きます。「見積書」「証明書」「請求書」の3点セットを1案件ごとに(特に「証明書」をグループ化のようなことがしたく。)後からでも見やすくFMを作成したいと考えております。

           (1)-(4)よりもFMのこの機能使えば、その管理方法にむいてるんじゃない?の様な回答でも有り難いです。

           どうぞ宜しくお願い致します。

        • 1. Re: 各レコード毎のシリアルナンバーを付けて、そのナンバーを別のテーブル...
          sago350@未来Switch

               1)可能です
               フィールドオプションにシリアル番号という設定があります。
               ここにチェックを入れるだけで重複しないシリアル値が自動で入力されます。

                

               2)可能です
               上記の設定後、手動でシリアル値を上書きすれば例のような動きになります。
               ※1、2、5、4と2の後に飛び越えた値を入れるとダメですが。

                

               3)可能です
               それはルックアップという機能ですね。
               「見積書」と「請求書」のシリアルナンバー同士でリレーションを組んで、請求書テーブルのフィールドのオプションでルックアップの設定をすれば、請求書から見積書の値を取得することができます。

                

               4)イメージがよく解らないです
               グループ化したいのであれば、証明書に見積書のシリアルナンバーを入力すれば1案件としてまとまるかと思います。

                

               gooさんの質問の仕方はすごく解りやすくていいですね。

                

          • 2. Re: 各レコード毎のシリアルナンバーを付けて、そのナンバーを別のテーブル...
            Shin

                 1) 自動入力の、シリアル値を使えば、可能です。

                 FMが管理用に作っているレコードIDは、単なるシリアル値として使う以外は、出来れば使わないほうが良いです。将来、何らかのトラブルに見舞われた場合、ファイルを作りなおす際にその番号が継続できません。ですから、自分で管理できる自動入力値にしておいたほうが良いでしょう。

                  

                 2) 上の自動入力を、変更禁止にしなければ、上書き修正は可能です。

                 また、別に単なるシリアル値を入力させるフィールドを作っておき、そのフィールドと何らかの判別フィールドを使えば、リレーションを使って自動的に設定することもできるかもしれません。

                  

                 3) リレーションを使えば可能です。その顧客番号で関連付けておけば、他のテーブルからフィールドを参照できます。

                 4) 作成の順を逆にしておけば良いのでは。

                 まず、案件、というテーブルを作っておき、見積を行う際にそのテーブルで案件として入力、そのから見積書などを作成していくのがベストだと思います。

            • 3. Re: 各レコード毎のシリアルナンバーを付けて、そのナンバーを別のテーブル...
              goo

                   お二人とも本当に有り難うございます。

                    

              sago35さん

                   ご回答頂き有り難うございます。

                   大変分かりやすく、思い描いていた事が出来そうです!

                   4)に関しては証明書→見積書、見積書→証明書のソートをしたいな、ということでした。今見ても言葉足らずの質問文でした。申し訳有りません。

                   ですが、御察しして頂いた回答で解決が出来そうです。

                   本当に有り難うございます!

                    

              Shinさん

                   ご回答頂き有り難うございます。

                   FMが管理用に作っているレコードIDは基本的には使わない方が良いのですね。ご指摘を頂けなければ危うく使う前提で進めていく所でした。

                   有り難うございます。

                   4)に関しての「案件」というベースになるテーブルを基準に作っていく、というのも凄く為になりました。

                   ありがとう御座います。

                    

                   4)に関してはお二人のご意見を参考に再考してみます。

                   本当に有り難うございました!

                    

                     
              •            
              •      
              •           
                                 
                •                      
                •