6 返信 最新の回答 日時: Nov 7, 2010 5:33 AM ユーザー:Shin

    外部公開APIは?

    fururu

      タイトル

      外部公開APIは?

      フォーラムに投稿

      現在 Windows環境にてFMPro11の導入を考えています。

      FMのグラフ表示がとてもキレイなため、同一PC内の既存アプリにおいても

      同じようなグラフ表示ができないものかと考えているのですが、

      SDKみたいな感じでFM外部に公開されてるAPIなどはないのでしょうか?

      これがあるとFMで作ったアプリと既存アプリで表示が統一されてすごく嬉しいです。

      変な質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

        • 1. Re: 外部公開APIは?
          sago350@未来Switch

          そういう機能は無いと思いますが、オブジェクトフィールドに対して

          GetLayoutObjectAttribute ( "Gra" ; "content" )  ※"Gra"はグラフのオブジェクト名

          とするとオブジェクトフィールドにグラフを保存でき、フィールド内容のエクスポートでpng画像として保存することができます。

          • 2. Re: 外部公開APIは?
            qbxxdp

            FileMaker Pro ActiveX オートメーションの使用(Windows)

            http://www.filemaker.co.jp/help/html/create_script.12.14.html#699135

            一応コレ?

            スクリプトを実行できるくらいです。細かいことは一切できません。(MacならAppleScriptがありますが...。)

            値の受け渡しは出来ません。

            FM11未確認

            外部からスクリプトを実行して

            png画像を書き出すとか?で使えるかも?

            • 3. Re: 外部公開APIは?
              fururu

              sago35様  qb_dp様

              回答ありがとうございます。

              返事が遅くなり本当にすみません。

              やはり画像処理などのAPIを直接呼び出すことは無理のようですね。

              ただ、FMを外部から操作することはできそうなので

              FMを操作して(スクリプト実行して)画像をファイルに書き出し、

              それを表示するようにすればリアルタイムにFMと同じグラフを

              得ることができますね。

              実際にグラフ表示のためにそこまでするかは置いておくとしても

              スクリプトを外部アプリから実行できるというのはすごく参考になりました。

              ありがとうございます。

              • 4. Re: 外部公開APIは?
                Shin

                FM11のグラフ機能は、ChartDirectorを組み込んでいる様です。フルの機能が使いたいのでしたら、

                http://www.advsofteng.com/index.html

                をご覧になるといいでしょう。色々な環境へ組み込むためのサンプルもそろっています。

                または、google のグラフ機能も、相当機能的に高いですよ。

                • 5. Re: 外部公開APIは?
                  fururu

                  なるほど〜別のソフトを組み込んでいたんですね。

                  ChartDirector見ましたがバリエーションが豊富で、すごくほしくなりました(笑)

                  こちらもトライアルで試してみたいと思います。

                  情報ありがとうございました。

                  • 6. Re: 外部公開APIは?
                    Shin

                    クレジットを見れば、しっかり書いてあります。

                    元の機能を見ていると、今回組み込まれた機能がごく一部だけで、今後色々な機能が追加される、と考えると、楽しくなります。

                    次のバージョン辺りから、フルに機能を使わせてくれる様に期待しているのですが。(インターフェースを作るのが難しい所もあるでしょうから、無理かな。)