4 返信 最新の回答 日時: May 4, 2014 5:12 PM ユーザー:caddis01

    給与金額が一定の範囲に該当すると段階的に決まる共済掛金を自動算出す...

    caddis01

      タイトル

      給与金額が一定の範囲に該当すると段階的に決まる共済掛金を自動算出するには??

      フォーラムに投稿

           共済掛金を自動算出する為のスキームをFMPで作りたいのですが・・

           例えばExcelならvlookup関数で作成することができますが、FMPならどのように出来るのでしょうか。

           具体的には、職員の給与が次のような「基準給与表」のどこに該当するかで共済掛金が決定されます。

           等級     本給範囲     基準給与   共済掛金

           1              0  〜  69999    64000     3000

           2       70000      〜  79999    72000     5000

           3       80000     〜  89999    85000      8000

           ここで、給与がどの範囲にあるかを自動で判定し、その本給の属する等級に見合った共済掛金を見つけ出す

           というスキームなのですが、この「給与がどの範囲に該当するか」をFMPでどのようにすればよいのかが

           わかりません。Excelのようにな関数があれば簡単な気もするのですが、無いようにも思いますし、Case関数

           で全ての条件分岐を考えるにしても実際の等級は30以上ありますので、延々と条件分岐の式を書くのもどうかと。

           もっとシンプルでスマートな方法があればと思い、投稿しました。よろしくお願い致します。