3 返信 最新の回答 日時: Oct 4, 2012 2:03 AM ユーザー:mahsa828

    繰り返しデータの入力について

    mahsa828

      タイトル

      繰り返しデータの入力について

      フォーラムに投稿

           いつもお世話になっています。マーサの主治医です。

           WIN7 FM12AD です。

           検索対象開始日 検索対象終了日 という2つのフィールドで絞り込み検索をしてDMを作成しています。

           DMの履歴をとるために、繰り返し数3とした DM履歴 というフィールドに検索対象終了日を入力したいのです。

            

           2012/08/01~2012/08/15 で検索後  DM履歴  2012/08/15

           2012/08/15~2012/08/31 で検索後  DM履歴  2012/08/31 2012/08/15

           2012/09/01~2012/09/15 で検索後  DM履歴  2012/09/15 2012/08/31 2012/08/15

           2012/09/15~2012/09/30 で検索後  DM履歴  2012/09/30 2012/09/15 2012/08/31

            

           というようにしたいのですが、難しいでしょうか?

           繰り返しデータ入力せず、個々に入力し最新の3つを表示させればよいと思うのですが、不必要なデータを保存したくないというのが目的です。

            

        • 1. Re: 繰り返しデータの入力について
          ねこ吉

               顧客テーブルと別に、DM履歴テーブルを作って、

               顧客IDでリレーションして履歴を管理すべきケースのように感じられます。

               ■顧客テーブル         ■DM履歴テーブル

               ・顧客ID ───────────── ・顧客ID

               ・氏名             ・発送日付

               ・住所

               という感じにして、発送日付の最新3件をポータルに表示させてはいかがかと。

          • 2. Re: 繰り返しデータの入力について
            hiro_

                 履歴を録るならフィールドの入力自動化を利用するのが便利ですが、繰り返しフィールドではこの便利機能を利用できません。
                 そこで、中間フィールドを作り、これへの計算値入力自動化で履歴一覧を得て、その結果を目的の繰り返しフィールドへ持ち直し取得するのは如何でしょう。

                 1.検索対象終了日を指定するグローバル日付フィールド「検索対象終了日」を用意する。
                 2.履歴一覧を格納する中間作業用のグローバルテキストフィールド「履歴一覧」を作り、これに計算値入力自動化+既存値書換を設定、
                 その式(直近3回分降順リスト)は、
                    List(検索対象終了日;LeftValues(Self;2))
                 3.目的のグローバル計算繰り返し[3]フィールドの計算式(計算結果:日付タイプ)は、
                    GetValue(List(検索対象終了日[1];履歴一覧[1]); Get(計算式繰り返し位置番号))

            • 3. Re: 繰り返しデータの入力について
              mahsa828

                   マーサの主治医です。

                   ねこ吉さん、Hiroさん ありがとうございます。

                   時間がかかりましたが、Hiroさんの方法で解決できました。