3 返信 最新の回答 日時: Jan 5, 2010 1:18 AM ユーザー:YODA

    複数のファイルで形成されるデータベースで、アカウントを要求される場合とされない場合は何が違うのでしょうか?

    wack

      タイトル

      複数のファイルで形成されるデータベースで、アカウントを要求される場合とされない場合は何が違うのでしょうか?

      フォーラムに投稿

      どなたか教えてください

       

      要するに件名の通りですが、

      複数のファイルで構成されているデータベースで、メインのファイルで、アカウントとパスワードを入力してログインしたあと、メインのファイル以外はアカウントなどを要求されることがないようにしたいのですが、要求されるファイルと、されないファイルがあります。

      これは何が違うのでしょうか? また、どのようにすれば、アカウントを要求されないようにできるのでしょうか?

       

      お願いいたします。 

        • 1. Re: 複数のファイルで形成されるデータベースで、アカウントを要求される場合とされない場合は何が違うのでしょうか?
          YODA
            

          wack さん、こんにちは。

           

          複数のファイルで構成されたデータベースでは、各ファイルに同じアカウント名/パスワードのアカウントが設定されていて、そのアカウントで最初のファイルを開いた時、アカウント/パスワード入力なしですべてのファイルを開くことができます。 

           

          各ファイルに共通のアカウントがあってもファイルによりパスワードが異なる場合や、最初のファイルを開くときにそのファイル固有の別アカウントで開いた場合、共通のアカウントがファイルに存在しない場合には、関連ファイルを開く際にアカウント名とパスワードが要求されることになります。

           

          • 2. Re: 複数のファイルで形成されるデータベースで、アカウントを要求される場合とされない場合は何が違うのでしょうか?
            wack
              

            yodaさん ありがとうございます。

            おかげさまで、問題が解決しました。

            しかし、複数ユーザーが、それぞれ固有のアカウントでログインする状況の場合、それぞれのファイル全部にそれぞれのアカウントを設定しなくてはならないのですよね?

            50人のユーザーがおり、それぞれ固有のIDをもっており、例えば、10個のファイルで構成されるデータベースの場合、50×10回アカウントを設定しないといけなくなるのですよね?

            なにかいい方法はありませんでしょうか? 

            • 3. Re: 複数のファイルで形成されるデータベースで、アカウントを要求される場合とされない場合は何が違うのでしょうか?
              YODA
                

              wack さん、こんにちは。

               

              ご返信の通り、多数のユーザーが存在される場合それぞれのアカウントを各ファイルに設定しなければならない為、管理が困難になりがちです。

               

              このような場合の対策としては、以下のような手法が一般的に使われている模様です。

               

              1. ファイルをマルチテーブル化して最小限の数にまとめてしまう方法

               

              2. FM Server との組み合わせで、外部認証を利用する方法

               

              3. アカウント管理用のファイルやテーブルを用意し、アカウント設定関連のスクリプトを利用した管理システム自体を組み込んでしまう方法

               

              別途 ActiveDirectory や OpenDirectory などでのアカウント設定は必要となりますが、環境が用意できるのであれば、FM 上での設定は 2.が最も簡単(各ファイルで外部認証サーバーのユーザーグループ名を指定するのみ)かと思われます。

               

              上記以外にも方法があるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。