2 返信 最新の回答 日時: Aug 29, 2016 4:31 PM ユーザー:hajime

    サーバー共有時、オブジェクトフィールドデータ手動削除時の表示について

    hajime

      【動作環境】

      FileMaker pro 14.0.4 windows および FileMaker Server 14.0.4.412

      オブジェクトフィールドはオープン格納とする。

       

      【不具合内容】

      オープン格納設定としたオブジェクトフィールドデータを手動でファイル削除もしくは変更した場合、FileMaker Pro単体での動作と違った表示となりユーザフレンドリーではないので、できれば改善をしていただきたい。

      ご検討をよろしくお願いいたします。

       

      【回避方法】

      GetContentAttribute(<フィールド名>;"MD5") にて外部からの変更を検出可能なため、該当フィールドを非表示したり、フィールドの上にテキストを表示させるなどの回避は可能。

      ※変更されている場合、GetContentAttribute(<フィールド名>;"MD5")は"?"を返すようです。

       

      【再現手順】

      1)オープン格納フィールドを持つテーブルを作成し、レイアウト上にこのフィールドを表示する領域を2つ用意する。

      2)2つの表示領域のうち、1つは「イメージ表示」、もう1つは「インタラクティブ表示」に設定しておく。

      3)ここまでの設定をしたカスタムAppファイルを1つはローカルに、もう1つはサーバーにアップロードして、両方に対して以下の処理を行う。

      4)オブジェクトフィールドにPDFファイルを登録し、正しく表示されていることを確認する。

      5)オープン格納フォルダを直接開き、手動で先ほど登録したファイルを削除する。

      6)画面の表示を更新。(再度開くなど)

      7)そのときの表示内容がPro単体の表示がユーザーに分かりやすく、望ましい。(添付画像を参照してください)

      オブジェクト削除時の挙動.png