2 返信 最新の回答 日時: Oct 2, 2016 10:20 PM ユーザー:sakadonohito

    最終エラー101を出した後にエクスポートする場合最終エラーが更新されない

    sakadonohito

      製品名とバージョン FileMaker Pro Advanced 15.0.1.119 , FileMaker Pro Advanced 14.0.6

      OSとバージョン Windows 7 Service Pack 1 , OS X 10.11.6

      ブラウザとバージョン WebDIrectでは未検証

      説明

       

      スクリプトで対象レコードで関連レコード移動やLoopで対象レコードで最後まで移動してから等を行ってからレコードのエクスポートを行う場合、

      条件によっては101(レコードが見つからない)エラーがでる。

      これ事態は正常な動作(仕様)だが、この直後にレコードのエクスポートスクリプトステップを実行した場合、最終エラーが正しく更新されない。

      ※直前の最終エラー(101)のまま、更新されない。

      ※他にも特定の最終エラーの場合、同じ症状が起きるかもしれませんが、今回それについては話題外として調査してません。

      ※レコードのインポートも同じ症状を起こすことは可能

      ※エラー処理を行おうにも正しくエラー判定できない。

       

      再現の方法

       

      上記の条件を満たすスクリプトを作成して実行する。

      サンプルファイルを添付します。

      フルアクセスは

      アカウント: Admin

      パスワード: filemaker

      です。

       

      FileMaker Pro Advanced 13.0v9 では症状は起きませんでした。(正しく最終エラーが更新されました)

       

      一時的解決法

      ・最終エラーを変数に格納してエラー処理を行う。レコードのエクスポート前にその変数を初期化する。

         とにかく、レコードのエクスポート前の最終エラーが101でなければ正しく動作する模様です。

      ・FileMaker Pro 13 のライセンスを保持している場合はバージョンを下げて使用する。

       

       

       

      個人的にはこの件(エラー判定が正しく動作しない場合があるという事実)は非常に大きな問題だと考えています。

       

      バージョン15でセキュリティまわりの不具合が修正されたりしてとても嬉しく、直近のバージョンなら15が一番と薦めていたのに、この件で非常に落胆しました。

       

      期待はしていませんが、バージョン15 で修正アップデートが出ると嬉しいです。