2 返信 最新の回答 日時: Sep 29, 2016 9:10 AM ユーザー:daipon

    ある日を基準としたときの値の求め方

    daipon

      こんにちは。

      みなさまにご教示いただければと思い、投稿しました。

       

      アルバイトの給与計算をFMでできないかと考えたときに、

      契約更新で時給改定するケースが、多々あるかと思います。

       

      例えば、n月分というのを基準と見たときに、

      いちいち時給を手打ちで入力しなくとも、自動的に判断して、

      時給×稼働時間数で計算させたいと思って、色々と調べるも、

      どうしたらいいかわからずじまいです。

       

      詳しい方、ご教示いただけたら幸いです。

       

      「テーブル」

      1.社員の情報(社員番号、氏名、入社日・・・)

      2.契約時給の情報(社員番号、契約更新日、契約時給・・・)

      3.給与台帳(社員番号、○月分か、稼働時間数、支給金額)

       

      上記のようなテーブルがあったとして、、

       

      Aさん

      ・3月末まで:1500円

      ・4月から:2000円

      と、いう情報が2のテーブルに入っていたとして、

       

      5月分の給与を計算するときに、4月から:2000円という時給と

      5月1か月の稼働時間数で、支給金額を算出させたい。

       

      やりたいことは、以上のとおりです。

        • 1. Re: ある日を基準としたときの値の求め方
          shin

          給与台帳の基準日と、契約時給情報の更新日を、≥ でリレーションします。
          更新日で降べきにソートしておきます。

          これで、給与台帳側から基準日での契約時給が参照できます。

          ただし、更新日が給与基準日とずれが有った場合(月度途中での更改)は、日毎の支給金額を求め、それを合計する様にする必要があるでしょうね。

          1 人中 1 人が役に立つと言っています
          • 2. Re: ある日を基準としたときの値の求め方
            daipon

            Shinさん

             

            こんにちわ、ありがとうございます。

            試してみたところ、できました!

             

            これからもよろしくお願いします!