2 返信 最新の回答 日時: Oct 10, 2016 6:32 PM ユーザー:wen42009

    ランタイム版での旧ファイル変換が正常に動作しない

    wen42009

      FileMaker Pro 15

      Windows10

       

      旧ランタイム版で各端末に作成された「.fp7」のファイルを、新ランタイム版にインポートしたいと考えています。

      スクリプトで

      1.ファイルを変換

      2.レコードのインポート

      と設定しました。

      動作確認をすると、

      「このソリューションに属していないので、このファイルは開けません」

      とエラーメッセージが出て、その後

      「ファイル『○○.fmp12』は、このバージョンのFileMaker proのファイル形式に変換する必要があるため、ひらくことができませんでした」

      とエラーメッセージが出ました。

      ですが、「.fp7」の旧ファイルは、「.fmp12」の拡張子がついたファイルとして作成されていました。

      そこで、作成された「.fmp12」の拡張子がついたファイルをFileMaker で開けようとすると、

      「このデータベースを変換します。変換後のファイルにはFileMaker12以降のサポートされているバージョンとのみ互換性があります。複雑なファイルには変換に時間がかかる場合があります。」

      とのエラー表示が出ました。

      ランタイム版でなければ、正常に新しいバージョンの「.fmp12」ファイルが出来、正常にレコードもインポートされます。

       

      旧ファイルのインポートに際して、ランタイム版特有の設定等あるのでしょうか?

      ご教示いただければ幸いです

       

        • 1. Re: ランタイム版での旧ファイル変換が正常に動作しない
          user14047

          変換したファイルは元の Runtime とバインドキーが違うため

          「このソリューションに属していないので、このファイルは開けません」

          と警告されるのかと思います。

          この Community で 「Runtime .fp7」をキーに検索してみてください。runtime だけで処理させるのは無理っぽい気がします。

          FileMaker Pro のトライアル版で変換作業 → インポートをしてもらうのはいかがでしょうか?

          1 人中 1 人が役に立つと言っています
          • 2. Re: ランタイム版での旧ファイル変換が正常に動作しない
            wen42009

            ご教示いただき、ありがとうございました。

            おっしゃる通り、ランタイム版では旧ファイル変換が正常に作動しないそうです。

            旧ファイルがある各端末のユーザーは、PCの操作に不慣れな方が多いため、FileMaker Pro のトライアル版で変換作業をお願いするのは難易度が高く、あきらめざるえませんでした。

            そこで、FileMaker pro11のランタイム版で、旧ファイルをEXCELファイルにエクスポートするアプリを作成し、

            FileMaker Pro15のランタイム版のスクリプトで、上記のアプリを実行させてから、EXCELファイルをインポートするようにしました。


            ランタイム版での旧ファイル変換ができるはずと思い込んでいて、ランタイム版のみの試行錯誤を繰り返して時間を無駄にしておりましたが、無理だということをご教示いただき、作業の方向転換ができ、本当に助かりました。

            ありがとうございました。