9 返信 最新の回答 日時: Dec 1, 2016 10:58 PM ユーザー:user14047

    ファイルを開いた時のレコードの位置

    さすらいのサラリーマン

      初めての質問です

       

      だいぶ前からファイルメーカーを使用しています

      現在FM11です

       

      FM11より前だと、ファイルを開いたときに直前に使用した(検索)レコードが表示されたように記憶しています

      私の記憶間違いですか?それともFM11ではこうすればそうなる。というような設定の差なのでしょうか

        • 1. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
          user14047

          FileMaker Pro の単独利用ですか?

          ただ検索して表示しただけのようにファイルに変更がない場合は、最後に保存された状態での表示になります。

          ファイル自体の変更タイムスタンプを macOS の場合は Finder で確認してみてください。

          • 2. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
            さすらいのサラリーマン

            早速のコメントありがとうございます

             

            現在はWindows

            単独使用です

             

            とすると、

            直前に検索したレコードが次に開いた時にも表示されて、これは便利だ。

            と思っていたのはわたくしの記憶違いなのでしょうか。

             

            残念!という感じです

            • 3. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
              user19752

              検索だけで保存されるのは確かFM6までです。

              単独なら、レコード追加してすぐ削除するとか適当にデータを変更する操作を行うか、

              「スナップショットリンクとして保存」を使うとよいのでは。

              • 4. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
                さすらいのサラリーマン

                返信ありがとうございます

                FM6までだったのですね。

                なるほど、明らかな私の記憶違いでもなさそうですね。

                 

                スナップショットリンク 今まで使ったことがありません。

                試してみます

                • 5. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
                  shin

                  スタンドアロンのファイルでしたら、FM11でもFM12,FM15 でも、開始時に何も行っていなければ、ファイルを閉じた時の状態のままで開かれます。今、検証しました。(ちょっと古い物ですが、MacOS 10.6 FM12)

                  その動作は、FM6以降でも変わっていないと思いますが。

                  それが変更されるのでしたら、スクリプトトリガーが動いているのでは。

                  スナップショットリンクは、検索条件だけでなく、ソート条件なども再現してくれますので、結構色々と使えますよ。特に、共有ファイルの時には、他の端末で作業を続ける、などという時に便利ですよ。内部もxmlですので、適当にいじれますし。

                  • 6. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
                    さすらいのサラリーマン

                    新しい情報ですね、これらの情報から推測すると、同じファイルメーカーだと思っていたけれど

                    Windows用とMac用では多少の違いがある

                    そういう仮説が成り立つのでは

                    私の使い方では直前のレコードで開いてほしいので、Macに乗り換えるか?

                    それはありませんが・・・

                    • 7. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
                      user14047
                      スタンドアロンのファイルでしたら、FM11でもFM12,FM15 でも、開始時に何も行っていなければ、ファイルを閉じた時の状態のままで開かれます。今、検証しました。(ちょっと古い物ですが、MacOS 10.6 FM12)

                      もし、ファイルを閉じた時の状態で開かれるのであれば、onFirstWindowOpen や onLastWindowClose などファイルオプションで指定するスクリプトトリガや、検索スクリプトで何らかの編集が行われていませんか?(グローバルフィールドの値を設定などなど)

                       

                      FileMaker Pro Advanced をお持ちでしたら、[ツール]メニュー > [デバッグコントロール] > [スクリプトトリガを無効にする] を有効にした状態で試してみてください。ファイルを開いて表示するだけだとファイルの更新は行われないので、ファイルを閉じた状態で開かれるということは無いかと思います。

                      最後にファイルが更新された状態 最後にファイルを閉じた時の状態)で開かれるはずです。

                      それが変更されるのでしたら、スクリプトトリガーが動いているのでは。

                      この辺りが矛盾しているので書き間違いかとは思いますが、さすらいのサラリーマンさんが誤解してしまっているような気がします。

                      • 8. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
                        user19752

                        ヘルプに書いてありました。「FileMaker Pro によってファイルが保存されない場合」

                        いつからこのように変わったかは書いてないですが。

                        FileMaker Pro 15 Help

                        ファイルが開いているときにファイルの状態のみが変更された場合、FileMaker Pro はファイルの状態の変更を保存しません。次に変更が保存されない場合の例を示します。

                        異なるレコードまたはレイアウトの表示

                        レコードのソートまたはソート順の変更

                        [検索]、[全レコードを表示]、[レコードを対象外に] などの検索操作の実行、または検索条件の変更

                        ステータスツールバーの表示 / 非表示の切り替え

                        たとえば、ファイルを開き、レコードをソートしてからファイルを閉じた場合、FileMaker Pro は、ソート順を保存しません。一方、ファイルを開き、新規レコードを追加してレコードをソートしてからファイルを閉じた場合、FileMaker Pro はソート順と新規レコードを保存します。

                        グローバルフィールドでもいいから何かしら入力すれば、保存されます。だから、onFirstWindowOpen(LastWindowCloseでもいいか)トリガのスクリプトでグローバルフィールドに「最終参照日時」とかなんとか書き込んでしまえば、常時保存されるのでは。

                        • 9. Re: ファイルを開いた時のレコードの位置
                          user14047

                          FileMaker Pro 11 ヘルプ : ファイルの保存とコピー

                          FileMaker Pro 11 も同じですね。

                           

                          iOS デバイスで使える Help for FM は FileMaker Pro 11 〜 15 / FileMaker Server 13 〜 15 のヘルプを網羅しています。

                          ...と強引に宣伝 (^^;