mddld

FileMaker Go でのCSVファイルインポート高速化

Discussion created by mddld on Jun 8, 2017
Latest reply on Jun 12, 2017 by mddld

いつも拝見しております。

 

現在開発中のFMGソリューションで、iPadにcsvファイルを転送し、そのcsvファイルの内容を、

FMGソリューションにインポートする操作があります。

 

FMGには、csvファイルのインポートはサポートされていませんので、具体的に以下のようにスクリプトを組んでいます。

①「URLから挿入」でcsvファイルパスを指定し、テキストフィールドにcsvファイルの内容を格納。

②格納したcsvファイルの内容をテキスト形式の値とみなし、まず1行分を変数に代入(GetValue関数で1行分取得)

③データを格納するテーブルレイアウトに切り替え、②のデータをリスト化(カンマ→改行区切り)、

 テーブルのフィールドをループで移動しながら、リスト化した②のデータをGetValue関数で取得し、フィールドに格納。

④②-③をcsvの行数分ループ。

 

テストで使用しているCSVデータの行数が最大で6500件、更に増える予定ですが、数は現時点でわかっていません(後に提供してもらうデータなので)

また、カラム数も200ほどあります。

 

FMP上では、取り込むのに4~5分かかっていますが、FMG上では1時間弱かかってしまいます。

行×列の数をループして1件ずつ値を格納しているので、時間がかかってしまうのだと思いますが、

高速化できないものでしょうか。

 

スクリプトを言葉で表現しましたので、わかりにくい場合はスクリプトを掲載します。

 

FMGのみの制約があり、確かExcelもインポート対象外だったはずなので、苦肉の策といったところなのですが…。

 

何か方法がありましたらご教示よろしくお願い致します。

Outcomes