AnsweredAssumed Answered

FileMaker Pro自動更新実行時の管理者アカウント

Question asked by tyuasa on Oct 12, 2017

Windows版FileMaker Proにおいて、自動更新の機能で、管理者アカウントで認証を行ってもアップデートが中断する条件があります。

 

環境:Windows Server 2012R2(Active Directory)

Windows 7 Pro、10 Pro

FileMaker 15、16(Pro、Advancedともに)

 

FileMaker Pro クライアントの自動更新 | FileMaker

に記載があるとおり、

Windows のアップデータには、コンピュータに変更を加えることができる管理者権限が必要になります。FileMaker のユーザがゲストであったり、管理者権限のないアカウントが使用されていた場合は、アップデータの起動時にアップデートを実行するための管理者権限が求められます。

 

インストール作業をしたドメイン管理者権限のあるアカウントであれば、アップデートが完了します。

ところが、管理者権限があるアカウントであっても、インストール作業をしていない管理者アカウントでは認証後、何も行われず、バージョンを確認しても何も変わっていません。(アップデート成功した管理者権限でも、インストールしていない別のPCでは失敗する、という意味です。)

 

管理PCが多数ある環境では、どのドメイン管理者アカウントでインストールしたのかが把握が難しく、またローカルPC管理者アカウントはセキュリティポリシー上アカウントの使い回しになることから無効です。

 

Active Directoryのポリシーで解消するものでしょうか。FileMaker製品の仕様であれば、アカウントではなく、ドメインのセキュリティグループで認証が成功するようにしていただくことを要望します。

 

よろしくお願いします。

Outcomes