icds

FileMaker Serverのクラッシュレポート

Discussion created by icds on Jan 21, 2018
Latest reply on Jan 24, 2018 by tshato

2年半ほどトラブル無しで運用していたのですが、昨年11月、今年1月と、ログにはdatabase server が異常終了し、ミニダンプファイルが作成された記録が残っていました。この2回とも同じようなログです。

原因解明や、対策は可能でしょうか。

 

■環境

DBサーバーとIISの2台構成によるWebDirect

◆DBサーバー

Hyper-V仮想環境

CPU : Xeon E5-2630v3 2.4GHz (使用率5%未満)

RAM : 7.9 GB (使用率80~85%) (物理ホスト環境 64GB搭載)

Windows Server 2012 R2

FileMaker Server 15.0.3

 

◆イベントビューア>Applicationログ

障害が発生しているアプリケーション名: fmserver.exe、バージョン: 15.0.3.308、タイム スタンプ: 0x58124553

障害が発生しているモジュール名: ntdll.dll、バージョン: 6.3.9600.18725、タイム スタンプ: 0x59380775

例外コード: 0xc0000374

障害オフセット: 0x00000000000f1c00

障害が発生しているプロセス ID: 0x9bc

障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d37c57587cf8f7

障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\fmserver.exe

障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\SYSTEM32\ntdll.dll

レポート ID: bbae4ae3-fd06-11e7-80d1-00155d011b07

 

◆ミニダンプファイル

プロセス名:fmserver.exe : C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\fmserver.exe

例外コード:0xC0000005

例外情報:スレッドが、適切なアクセス権のない仮想アドレスに対して読み取りまたは書き込みを行おうとしました。

 

■補足

障害発生時において、クライアントの接続は確認されていません。

 

よろしくお願いします。

Outcomes