totono

(Windows10)FM14、15にてレコードの編集が制限されたユーザーがレコード編集するとFileMakerが強制終了する

Discussion created by totono on Feb 6, 2018
Latest reply on Feb 20, 2018 by tshato

製品名とバージョン

 FileMaker Pro 14.0.6、FileMaker Pro 15.0.4にて発生。16では発生しない。14より前のバージョンは未確認

OSとバージョン

 Windows 10

IME

 Microsoft IME 10.0.16299.15(社内にて検証した際のIMEのバージョン。現象が発生した

 エンドユーザー(客先PC)のIMEのバージョンは未確認)

説明

 Windows 10にて、アカウントのセキュリティでレコードの編集が制限されたユーザーが

 フィールドに入力してしまった際、IMEがひらがななど(半角英数以外の予測変換の小さいウインドウが

 表示されるものならいずれも)の場合に、FileMakerが強制終了する。

 IMEが半角英数であれば、「使用したアクセス権ではこの操作を実行できません。」という

 正しいダイアログが表示され、OKでダイアログを閉じることができる。

現状発生時の状況

 エンドユーザーにて利用しているシステムにて、表示画面と編集画面が分かれており、

 表示画面ではデータの誤った更新を防ぐのとフィールド内容のコピーを可能とするため、

 セキュリティにて一般アカウントでは表示画面のレイアウトでレコードの編集ができないように

 制限している。

 その時、ユーザーが表示画面で誤って入力してしまったことで発生。

再現方法

 再現方法は上記の説明と現象発生時の状況。

 ※レコードの閲覧のみの権限(ゲストアカウント)でも同様に発生する。

  以下で確認。

  1、ファイルを用意。(添付の画像1)

  2、ファイルをゲストアカウントで開く。(添付の画像2)

  3、フィールドにカーソルを入れ、IMEをひらがなに変更。(添付の画像3、4)

  4、この状態で入力した際、エラーメッセージが表示される。(添付の画像5)

  5、ダイアログに触ると(どこを操作しても)強制終了する。(添付の画像6)

一時的解決方法

 レコードの編集をさせない画面ではフィールドにカーソルが入らないようにレイアウトを設定する。

 または、フィールドを全て計算フィールド(表示用として)に置き換える。

Attachments

Outcomes