AnsweredAssumed Answered

異なるTOを使った動的値一覧

Question asked by matsui@a-r.jp on Mar 7, 2018
Latest reply on Mar 7, 2018 by matsui@a-r.jp

 動的値一覧について 

 

動的値一覧を理解できていないのか、思うように実装できません。

お知恵を拝借できれば幸いです。

 

◆目標

「伝票」テーブルに、「ユーザ」テーブルから参照した"依頼元"を値一覧で入力したい

 

◆現状のテーブル

「ユーザ」テーブル (※自分自身もユーザに含む)

・個人UUID

・会社UUID

 

「伝票」テーブル

・作成者個人UUID (ログイン者の情報を作成時に自動挿入)

・作成者会社UUID (ログイン者の情報を作成時に自動挿入)

・依頼元個人UUID

・依頼元会社UUID

 

◆現状のTO

[伝票TO] 作成者会社UUID -(=)- [顧客(依頼元参照用)TO] 会社UUID

 

◆作成した値一覧

[顧客(依頼元参照用)]個人UUID で一覧作成

「次のテーブルから関連レコードの値のみ含める」で、参照元は「伝票」

 

 

以上の構成で、伝票レイアウトから一覧を参照すると値一覧が表示されません。

 

理想的には、会社UUIDが同じ場合は同じ「会社UUID」をもつ「個人UUID」一覧になり

異なる場合は「それ以外の個人UUID」一覧になる動作を目標にしています。

 

よろしくお願いいたします。

Outcomes