3 返信 最新の回答 日時: Sep 23, 2012 6:55 PM ユーザー:fmus

    ファイルを開いたままの状態の時でファイルが更新されない

    fmus

      ・Windows Xp & FileMaker 11 Pro Advanced
      ・Windows Xp & FileMaker 12 Pro
      ・Windows 7 & FileMaker 11 Pro Advanced
      ・Windows 7 & FileMaker 12 Pro

       

      という4種類のパターンで、ファイルを開いたままの状態の時に
      ファイルが更新されるかをチェックしました。

       

      全てのパターンで、「編集」メニューの「環境設定」の「メモリ」タブの
      「キャッシュの内容を保存」の設定は「システムのアイドリング時」と
      なっています。

       

      ファイルを更新する為に、レコードを追加したり、別のレコードを削除したり、
      フィールドを変更して別のレコードに移動してまた変更したり、
      という作業を行い、ファイルが更新されるかをチェックしました。

       

      ファイルが更新されたか否かは、Windowsの更新日時で確認しました。

       

      LAN経由で接続しているBUFFALO社のNASにあるファイルを開いて、
      上記の方法を行った所、正常にファイルが更新されたのですが、
      ローカルハードディスク(Cドライブ)にあるファイルを開いて
      試した場合には、ファイルは更新されませんでした。

       

      ファイルも複数のファイルで試しましたが、上記の4つのパターン
      及びファイルによる違いは無く、全てのパターンで全く同じ状況でした。

       

      ローカルハードディスク(Cドライブ)にあるファイルを
      随時更新される様にする方法はあるのでしょうか?
      それとも、バグでしょうか?

       

      このチェックは、大量のファイルをバックアップしたいと思って
      確認してみた事ですので、
      http://www.filemaker.co.jp/help/html/fmp_basics.3.34.html
      の、[キャッシュをディスクに書き込む] スクリプトステップを含むスクリプトを作成
      する方法は使いたくありません。

       

      ご存知の方がおられましたら、ご教授いただければ幸いです。

        • 1. Re: ファイルを開いたままの状態の時でファイルが更新されない
          fmus

          先程、FileMakerカスタマーサポートにTELして確認した所、
          仕様ではファイルを閉じる時でないと更新されないとの事でした。

           

          前述の「大量のファイルをバックアップ」とは、
          ミラーリングソフトや、dropboxなどを使用して、
          常時自動バックアップを行いたいと考えているのですが、
          「仕様ではファイルを閉じる時でないと更新されない」となると、
          ファイルを閉じてから、
          ・手動でバックアップ作業を行う
          ・ファイルを閉じる際に、バックアップ処理を行うソフトを起動する
          などの方法で行わなければなりません。

           

          しかし、その方法では、例えば朝開いて夕方まで開きっぱなしのファイルの場合、
          ファイルを閉じる直前になんらかのトラブルが発生した場合、
          朝から夕方までの変更した内容が無くなってしまいます。

           

          やはり、OnTimerスクリプトで定期的に
          [キャッシュをディスクに書き込む] スクリプトステップを
          含むスクリプトを作成するしかないのでしょうか。

           

          皆様はファイルのバックアップは、どの様に行われておられますでしょうか。

          • 2. Re: ファイルを開いたままの状態の時でファイルが更新されない
            shin

            スタンドアロンで、ファイルを開きっぱなしにする、という運用では、レコードの終了時に、キャッシュを書き込む様にトリガーを仕掛けておく必要があるのでは。

            キャッシュに保存されたデータは、トラブルの際には消えるのが常識です。

            そこまでのファイルの安全を要求され、理由は分かりませんが、キャッシュ書き込みがお嫌いでしたら、るのでしたら、FMSでの運用を考えられたら如何でしょう。もちろん、サーバーのキャッシュ容量設定は、小さめにしておきます。

            • 3. Re: ファイルを開いたままの状態の時でファイルが更新されない
              fmus

              ご回答ありがとうございました。

               

              ファイルを開きっぱなしにしたい理由は、ファイルを開きっぱなしにして、

              他のパソコンから共有で接続したいからです。

               

              キャッシュ書き込みが嫌いという事ではないのですが、全てのファイルでキャッシュを書き込む処理を

              追加しなければいけないので、どうにかならないものかと思い、投稿させていただきました。

               

              FMS(FileMaker Serverの事でしたでしょうか)については、

              現在の使用状況と金額的に導入は難しい状況です。

               

              ご回答の通り、OnTimerスクリプトで定期的にキャッシュを書き込むより、

              レコードの終了時にキャッシュを書き込む方が、より確実に保存ができますね。