6 返信 最新の回答 日時: Mar 13, 2015 4:46 PM ユーザー:user23503

    患者・相談者情報のテーブル設定について

    user23503

      初心者です。

      説明が的確にできるかわかりませんが 教えてください。

       

      病院内において、患者さんや家族などよりのいろいろな相談があった場合の相談内容のデータ管理をしたいとおもってます。

      ここで、関係してくる人に 「A:患者」と「B:その患者のことを相談する相談者」がいるのですが、 

      状況によっては、Aだった人が Bとなる場合もあるし、その逆もしかりな場合もあるのですが、

      その時のマスタの設定をどうしていいのか悩んでいます。

       

      まずは、以下のようにテーブルを設定して リレーションを設定したいと思うのですが、

      前述のように 患者となる場合もあれば、相談者にもなるケースもあるため、

      1) と 2)のテーブルに同じ人が登録されるケースが出てきます。

      人数が増えるとこれは面倒だなと思うのですが、じゃぁどうしたほうがいいのかさっぱり見当が付きません。

       

      1)全患者リスト テーブル

         カルテ番号 (主キー)

         氏名

         生年月日

         住所

      2)相談者    テーブル

         相談者ID  (主キー)

         氏名

         住所

         電話番号  

      3)相談情報詳細   テーブル

         相談情報ID (主キー)

         相談者ID

         患者ID

         患者との関係

         相談内容   

       

      説明が不十分かもしれませんが、どなたかご教示ください。

      よろしくお願いします。

        • 1. Re: 患者・相談者情報のテーブル設定について
          sago350@未来Switch

          患者と相談者を同じテーブルにすればいいんじゃないですかね。

           

          1)人ID テーブル

             人ID

             カルテ番号 (主キー)

             氏名

             生年月日

             住所

             電話番号

          2)相談情報詳細   テーブル

             相談情報ID (主キー)

             相談者ID←ここに人IDが入る

             患者ID←ここにも人IDが入る

             患者との関係

             相談内容

          • 2. Re: 患者・相談者情報のテーブル設定について
            user23503

            早速の返信ありがとうございます。

             

            すいません。説明不足でした。

            患者、または相談者が、まだ自分の病院に受診していない場合にはカルテ番号が発生しないことと、

            相談者または、患者に対して複数人が発生する場合があります。

             

            例えば、 A  B  C   D  の人がいたとします。

                A  B  は病院に通院している患者です(カルテ番号がある人)

                C  D  は受診が全くない人(カルテ番号がない人)

             

            相談1:   A  が  B    のことを相談

            相談2:   A  が       C のことを相談

            相談3:   B  が  D のことを相談

            相談4:   C  が  A のことを相談

            相談5:   C  が  B のことを相談

            相談6:   C  が  D のことを相談

               

                とかなると、

                  相談者としてみた A に対して  患者となる人は  B C

                           B に対して           D

                           C に対して           A B D   となります。

                  したがって、患者から見た相談者も複数存在することになります。

                 

                それと、自院の患者に関しては、リレーションでの呼び出す際はできればカルテ番号を基にしたいのと、

                相談者の場合は氏名から検索できたらいいなと思うのですが、、、、

                また、相談者から見ての患者リスト

                   患者から見た時の相談者のリストも 後々は確認できるようにしたいです。

                すいません。説明不足で。

                 

                よろしくお願いいたします。

            • 3. Re: 患者・相談者情報のテーブル設定について
              user14047
              sago350@未来Switch wrote:
              患者と相談者を同じテーブルにすればいいんじゃないですかね。

              患者テーブルに相談者を追加するわけじゃなく、相談者テーブルに患者である人のレコードも作って、患者IDをキーにして情報を患者テーブルから引っ張ってきたらいかがでしょうか?

              いろいろ情報を収集するのにどうリレーションをはるか悩みどころになりそうな気もしますが、ExecuteSQL 関数を使えばそのあたりも解決できそうな気がします。

              • 4. Re: 患者・相談者情報のテーブル設定について
                user23503

                返信ありがとうございます。

                 

                患者テーブルはそのままあって、

                 

                相談者テーブルのレコードが

                  相談者(カルテ番号なし) + カルテ番号あり(つまり、患者でもある人:カルテ番号あり)

                で構成されるってことですか?

                 

                それと、 ExecuteSQL の使い方が良く分からないんですが・・・・・

                • 5. Re: 患者・相談者情報のテーブル設定について
                  user14047

                  相談者テーブルにカルテ番号のある人もレコードを追加してしまって、カルテ番号フィールドを追加し記入しておく。

                  カルテ番号を持っている相談者は、カルテ番号と相談者IDと二つのキーを持つ。

                  情報はそのカルテ番号を基にして持ってくるという考え方でいけるような気がします。

                   

                  後々と必要になった時…とうことなので、ExecuteSQL関数の部分は今は忘れてください。

                  • 6. Re: 患者・相談者情報のテーブル設定について
                    user23503

                    返信ありがとうございます。

                     

                    まずは、教えていただいた形で作ろうと思います。

                    リレーションもまだなんとなくでよくわかっていないので、

                    躓いた時にはまた、教えてください。

                     

                    返事が遅くなってすいません。

                    ありがとうございました。