1 返信 最新の回答 日時: Jul 13, 2015 7:20 PM ユーザー:user14047

    Go14のフォント(13のファイルを移行したとき)

    beginner

      FileMaker Go 12~13のころに作成し運用しているファイルを複数抱えています。

       

      FileMaker Go 13でMSPゴシック等のフォントで作成したファイルを

      FileMaker Go 14で開くと、

      太字が反映されず困っています。

       

      既存のファイルのフォントをすべてヒラギノ角ゴProNにすると、今度は

      フィールドやボタンなどのサイズが勝手に変わってしまったり、

      文字の表示位置がなぜか少し上にずれてしまったりで

      これもうまくいきません。

       

      また、MSPゴシックで表示していた数値のフィールドをヒラギノ角ゴProNにすると

      数値の横幅が変わってしまい、フィールド枠幅が足りなくなる問題も発生しています。

       

      間もなくGo13が消えるのでそれまでに何とか対処したいところなのですが、

      太字を諦めるか、それとも全面的に作り直すのか踏ん切りがつかない状態です。

       

      どなたか、似たような問題で解決した方はいらっしゃいませんでしょうか?

        • 1. Re: Go14のフォント(13のファイルを移行したとき)
          user14047

          14 からフォントの扱いが変わっています。ボールド指定は同じフォントファミリーのウエイトの大きなもので表示されるようになっているようです。(ヒラギノ角ゴProN W3 → ヒラギノ角ゴProN W6)

           

          ラテン文字系フォントのベースラインに併せてしまっているので、日本語フォントの場合上にずれたように見えてしまいます。

          パディングで調整しようにも、ボタンアイコンを利用したボタンの場合、アイコンの位置とのズレが気になってしまいますし…

          どうにかしてもらいたいですね。

          、絶対に真ん中に来てもらいたいボタンの場合、Arial などのラテン文字系フォントを利用すると、いくばくかマシに見えるのでラテン文字系フォントを利用するようにしています。

           

          関連するナレッジベース

          FileMaker ナレッジベース : FileMaker Pro 14 に導入されたフォント処理の変更の概要

          1 人中 1 人が役に立つと言っています